学校案内

大学ニュース(平成29年度)

海上保安政策課程の近況

○秋の訪れ:政策大での生活を楽しむ(11月30日)
 時の流れは早いもので、海上保安政策課程3期生のプログラムが始まって2ヶ月が経ちました。この課程を通して、私たちは同期や先輩との絆を深めています。
 たくさんの研究課題や、ポリシーペーパーの執筆に忙しくはありますが、日本での生活も楽しんでいます。
 先日、私たちは水上バスクルーズで浅草に行き、有名な東京スカイツリー観光を楽しみました。
 楽しい生活を過ごすとともに、新しい知識・技能を学ぶことができるこの時間は、私たちにとってこれまでも、そしてこれからも実りあるものとなるでしょう。
 ほとんどの木々の葉が華麗な色に変わるように、私たちも海上保安政策課程の学生として、この期間を通じて学んだ全ての知識・技能を吸収しています。
 ときどき、冬の寒さを感じることもあり、日本人の友人も、今年の秋は例年より寒いと言っています。
 四季がないマレーシアに住んでいた私にとって、秋という季節を経験することはこれが初めてです。そんなわけで、海上保安政策課程の同期皆に「頑張ってください」と言いたいと思います。私たちは立派にこのコースを修了したいです。
 (アブド ハフィス ビン フッシン)