教育理念

海上保安大学校は、海上保安庁幹部職員に必要な専門的知識及び特殊技能を修得する教育訓練のため、昭和26年(1951年)4月に創設されました。そのため、当校では、「人格の陶冶とリーダーシップの涵養」、「高い教養と見識の修得」及び「強靭な気力・体力の育成」を通した、海上保安業務の広範な職責を担うグローバルリーダーの養成を目的としております。

入学者受入れ方針

当校の本科学生採用試験(国家公務員採用試験)では、当校のカリキュラムの履修に必要な能力*を確認するため、基礎能力試験(知能・知識分野)、学科試験(数学・英語・物理・化学)、作文試験、人物試験、身体検査・測定及び体力検査を行っております。

育成方針とカリキュラム方針

当校では、本科4年そして専攻科6ヶ月の教育期間の後、業務研修(3ヶ月間)を経て、初級幹部職員として全国の海上保安部署に就くこととなります。

本科

育成方針

本科では、幹部職員に必要な一般教養並びに海上保安業務に必要な高度な学術及び技能を修得するとともに、心身の練成のための実践の機会を設けております。このため、自主自律の精神に基づき、全寮制のなかで上級生の指導を通した信頼関係の醸成により、人格教育を行っております。

授業風景
授業風景

カリキュラム方針

第1学年では主に「基礎教育科目」、第2学年では主に「専門基礎科目」を履修します。第2学年後期からは、航海、機関及び情報通信に分科して、船舶運航に関する資格に必要な知識のほか、実践的な工学的知識を修得します。第3・4学年では、「専門基礎科目」に加えて「専門教育科目」を履修し、海上保安に関する専門的知識を修得します。

これらと平行して、全学年では、「訓練科目」において幹部職員に必要な指揮・統率力及び海上保安業務に必要な特殊技能を実践的に習得するとともに、「実習科目」において海上保安業務に必要な専門的知識・技能を習得します。また、第1・3・4学年では、「乗船実習」において船舶運航に関わる知識の定着とともに、幹部職員としての指揮・統率力の涵養を図ります。

視閲行進
視閲行進

PAGE TOP