卒業生の声

ここから本文

卒業生の近況一覧

第五管区

写 真 卒業生の声
後部作業指揮の様子

後部作業指揮の様子


(1)現場に出て頑張っていること
 私が現場に赴任してから4ヶ月が経ち、この間に海中転落者の救助や密漁取締りなどの様々な業務を経験しました。特に、密漁取締りについては密漁者への対応や必要な書類を作成するなど、初めて学ぶことが多く、乗組員の方々に指導を頂きながら、しっかりと自分のものにできるよう頑張っています。

(2)在学中にやっておけば良かったと思うこと
 現場に出てから身を持って感じたことは、海上保安大学校で学んだ知識や乗船実習は現場業務に直結しているということです。在学中に学ぶ船員としての知識や業務に必要な法律などは全て現場では必要なものです。私は、在学中一生懸命勉学に励んだつもりでしたが、今はもっと勉学に励むべきだったと感じています。

(3)在校生に言いたいこと
 現場では突発的な事案が数多く発生します。このような事案に対して、その場の状況に応じて判断し、対応をすることが求められます。これらの判断をするにあたりは大学校で培った船舶救助のための曳航方法や捜査のための法律の知識などは必要不可欠です。私は、在学中に勉強してもし過ぎるということはないと感じました。在校生の皆さんは現状に満足せず、日々勉学に励んで欲しいと思います。