学校案内

大学ニュース(平成28年度)

第1回ひろしま恐羅漢トレイルでボランティアとして貢献

 本科4学年学生4名は週休日を利用し、5月29日(日)早朝から広島県安芸太田町において開催された恐羅漢トレイルにボランティアスタッフとして参加しました。
 本トレイルは、エキスパートコース(約64キロメートル・499名参加)、ミドルコース(約27キロメートル・955名参加)の種目で行われ、朝5時から競技が開始されました。学生ボランティアは、山での急な天候の変化の中、決められた場所で立哨にあたり、競技参加者が安全に走破できるようサポートにあたりました。
 学生の代表者は、「海に接する機会が多い私たちですが、足場の悪い山での活動の困難さ、急な天候の変化など、山の厳しさを学ぶことができました。一方で、悪条件の道を支え合いながらゴールに向かう選手たちとのふれ合いを通じて、普段の生活では得がたい社会貢献活動の大切さと醍醐味を間近で感じることができました。今回は、山での活動ということで新鮮なことが多々あり、とても良い経験になりました。今回得た経験を忘れることなく、今後の生活に役立てていきたいです。」と話していました。




レーススタートの様子 山中で立哨する学生