学校案内

大学ニュース(平成27年度)

平成27年度寮内・被服点検

 平成28年2月8日(月)、寮内・被服点検を実施しました。被服点検は学生の所有している物品が不備なく管理、保管されているかどうかを点検するもので、寮内点検は寮内の設備が清潔かつ適切な状態で保たれているかを確認するものです。学生・研修生は日課時間外を利用して掃除や整理整頓に励み、点検に臨みました。



本科3学年Ⅰ群 田中 公作  

 本点検は、4学年の乗船実習が始まり、3学年主体の寮運営となって最初の点検でした。我々3学年は最上級生となり、これまでの与えられる立場から、作る立場へと変わる転換期にあります。本点検を通じ、物事を成し遂げるために、事前の準備が如何に重要かを実感するとともに、その必要性を再認識しました。
 今年度の訓練も残すところあとわずかとなり、2月末の総合指揮訓練では指揮統率能力の一層の向上はもちろんのこと、全学生が充実した訓練だったと感じられるよう努めてまいりたいと思います。


本科2学年Ⅲ群 吉本 靖  

 4学年が乗船実習中であるため、3学年が最上級生となった後、初めての点検でした。多くの学生が寮内の窓や本棚、エアコンのフィルターからカーテンに至るまで、必死に掃除に励んでいました。普段学生が着用している制服の管理も再確認し、整理整頓の重要性についても強く意識し直すことができました。また、寮内がきれいになったことで、気が引き締まりました。


本科1学年 是永 直輝  

 今回の寮内・被服点検は、どちらも前期に一度ずつ経験しているということもあり、準備の段階から落ち着いて取り組むことができました。前回の寮内点検の際に指摘された部分のほこりなど、普段は目につかないような細部も掃除しました。何点か指摘事項があり反省する点もありましたが、今後指摘されることの無いように努力していきたいと思いました。被服点検については、貸与物品を普段から大切に扱っていたため不備の無い状態で点検を受けることができました。
 今後も訓練が続き、4月には新入生が入ってきます。自らが手本となれるように意識を高めて今後の訓練に取り組みたいと思います。



点検開始の様子

被服点検の様子

点検終了後の点検官講評の様子