学校案内

ここから本文

大学ニュース(平成24年度)

研修科潜水技術課程(第2回)始まる


 9月5日、海上保安大学校第一会議室において、当校幹部職員、潜水支援船「くろせ」船長・業務管理官が出席し、平成24年度研修科潜水技術課程(第2回)の開講式が行われました。
 開講式では、研修生指名、役員指名の後、瓜生晴彦大学校長が「潜水研修は決して生易しいものではなく、肉体的にも精神的にも非常に厳しいものになると思います。 研修生同士がお互いに思いやりの気持ちを持って切磋琢磨するとともに、国民の期待に応えることのできる潜水士となり修了式を迎えられるよう有意義かつ思い出深いものにして欲しい。」と訓示しました。
 本研修は、海上保安官が転覆船からの人命救助等、救難業務を、より安全、確実、迅速に行うために自給気潜水技術等を修得させることを目的とし、昭和45年から毎年行われているものです。
 全管区から選抜された16名は、10月31日までの約2ヶ月にわたって、潜水指定船である「くろせ」「くろかみ」「おきつ」の支援を受け本研修に臨むことになります。


写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

開講式の様子
開講式の様子
大学校長訓示
大学校長訓示