学校案内

ここから本文

大学ニュース(平成24年度)

高校生を対象とした公開講座を実施


 海上保安大学校では、7月29日(日)、高校生を対象とした公開講座を実施した。
 例年、夏休みのこの時期に開催しており、今年度は講座名を「船を安全に動かす-1日船長コース-」として、自動車と船舶の操縦の違い、 海上交通におけるルール、航海するにあたって使用される航海計器、船の位置の求め方を学び、最後に操船シミュレータを使用しての航海実習を体験した。
  前日のオープンキャンパスに引き続いての参加した高校生23名を含む33名が受講した。
 前半は座学、後半は実習形式で実施し、実際のレーダーを使用しての海図上での船の位置の求め方を体験し、次に操船シミュレータにより、 音戸大橋から吉浦湾(こじま桟橋沖)までのコースを、船長、操舵手、機関士、レーダー観測、船位測定と各パートに分け、航海実習を体験した。
 船を動かすことの特殊性、チームワークの重要性を直接体験し、戸惑いを感じながらもそれぞれ生き生きと取り組んでいた。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。