海上保安資料館(海上保安大学校内)


 海上保安資料館は、昭和55年(1980年)、海上保安庁創設30周年記念事業の一環として、海上保安庁の足跡を後世に残すべく、広島県呉市にある海上保安大学校敷地内に建設されました。
 館内には、既に現役を引退した巡視船艇、飛行機及びヘリコプターなどの写真、現在も使用されているヘリコプター搭載型巡視船などの模型、海上保安庁の業務を紹介する写真パネル・模型など約1,000点近い展示物が並んでいます。
 また、平成13年12月九州南西海域不審船事案で銃撃を受けた巡視船「あまみ」船橋前面の展示をしています。

見学のお申し込みについて

完全予約制(平日の午前9時から午後4時まで)
見学を希望される方は、
 ℡.0823-21-4961(代表)まで、事前申し込みをお願いします。
                     (お一人様から対応可能です。)
閉館日
土曜日、日曜日、休日及び年末年始(12月28日~1月4日)
入場料
無料
場所
広島県呉市若葉町5-1 海上保安大学校内
交通アクセスは、こちらをご覧ください。

展示内容

①海上保安庁創設コーナー ②巡視船艇・航空機コーナー
海上保安庁創設の経緯を紹介 警備救難業務用船、水路業務用船、灯台業務用船、航空機の紹介
 
③船艇艤装品コーナー ④警備救難業務コーナー
海上保安庁解役船の艤装品を展示 海上警備、海上交通、救難・防災、海上保安通信等警備業務の紹介
 
⑤海洋情報業務コーナー ⑥交通業務コーナー
水路測量、海象観測、水路通報、海図のできるまで等水路業務の紹介 航路標識の種類、東京湾海上交通センター等航路標識業務の紹介
 
⑦体制の変遷コーナー
海上保安庁の組織、予算、定員、職制、服装等の変遷を紹介
 
⑧巡視船「あまみ」の船橋展示コーナー
平成13年12月、九州南西海域不審船事案で被弾した巡視船「あまみ」の船橋部分、船橋内で被弾した装備品のうち、甲板監視テレビ、気圧計、航海用レーダーの指示器、レーダ・スキャナー、前部マスト灯などの紹介
(巡視船「あまみ」の船橋展示コーナー) (被弾した甲板監視テレビなど)

問い合わせ先

海上保安大学校事務局総務課総務係
電話  0823-21-4961(代)
FAX   0823-21-8105
URL  http://www.jcga.ac.jp