海上保安資料館

海上保安資料館外観
海上保安資料館外観

海上保安資料館は、昭和55年(1980年)、海上保安庁創設30周年記念事業の一環として、海上保安庁の足跡を後世に残すべく、広島県呉市にある海上保安大学校敷地内に建設されました。

館内には、既に現役を引退した巡視船艇、飛行機及びヘリコプターなどの写真、現在も使用されているヘリコプター搭載型巡視船などの模型、海上保安庁の業務を紹介する写真パネル・模型など約1,000点近い展示物が並んでいます。

また、平成13年12月九州南西海域不審船事案で銃撃を受けた巡視船「あまみ」船橋前面の展示をしています。

海上保安資料館の見学について

  • 完全予約制(平日の午前9時から午後4時まで)
    見学を希望される方は、TEL.0823-21-4961(代表)まで、来館される前日までに事前申し込みをお願いします。(お一人様から対応可能です。)
  • 閉館日 土曜日、日曜日、休日及び年末年始(12月28日~1月4日)
  • 入場料 無料
  • 駐車場 有り(無料)

展示内容

  • 海上保安庁創設コーナー
  • 巡視船航空機コーナー
  • 船艇艤装品コーナー
  • 警備救難コーナー
  • 海洋情報業務コーナー
  • 交通業務コーナー
  • 巡視船あまみの船橋展示コーナー
庁旗展示
庁旗展示
巡視船あまみ船橋展示
巡視船あまみ船橋展示

PAGE TOP