在学生の声

海上保安大学校について、ホームページを通してその概要を紹介していますが、ここでは一般の方々から多く寄せられる質問に対して在学中の学生に答えてもらいました。少しでも皆様の参考になればと思います。

本科第1学年 村木拓海

海上保安大学校を受験した理由

中学生の時、消防署勤務の職場体験をした際に人々を守る仕事につきたいと考えるようになりました。本校のオープンキャンパスで海上保安庁についての詳細な説明を聞き、海上保安官として日本の海を守りたい、パイロットになって空から海を守りたい、と考え受験することを決めました。

学校(寮)生活はどうですか

いつも周りに高い志を持った同期がいるので、互いに切磋琢磨しながら楽しく生活することができています。
上級生の方々は、時に厳しく指導をして下さりますが、理にかなった指導であり、自分自身の足りない部分を再確認することができ、何度も同じ失敗を繰り返さないために必要なことは何か、を考えることができます。

訓練などで体力的に厳しいと感じることはありますか

私は、訓練などで体力的に厳しいと感じたことはありません。どんなに厳しい訓練でも、教官や上級生の方々が支えて下さいますし、同期と共に助け合って訓練に臨めば乗り越えられないものはないと考えています。

受験生へのメッセージ

海上保安大学校の採用試験は、一般大学に比べて時期が早く問題も特徴的である上に調べられる情報も少ないため、モチベーションを維持することが困難な時もあると思います。やる気が出ない時は、将来、海上保安官になって日本の海を守っている自分自身を想像してみてください。そんな自分の未来を想像するだけでやる気が出てくると思います。皆様とお会いできる日を楽しみにしています。

本科第2学年 篠そう太

海上保安大学校を受験した理由

私は東日本大震災の被害を書籍やドキュメンタリー番組を見て、衝撃を受け、将来は人命救助をしたいと思うようになりました。
また、その中でメディアを通じて、海上保安庁特殊救難隊の救助活動を知りました。そして、4年間で体力、精神力、知識を磨くことのできる海上保安大学校に入り、将来は特殊救難隊隊長として全国各地で救助活動をし、多くの人を助けたいと思い、本校への入学を希望しました。

学校(寮)生活はどうですか

最初は、厳しい規律の中での寮生活という今まで経験のしたことのない環境に早く慣れようと必死でしたが、一日一日を同期と協力し、支えあって生活しているうちに、今では毎日充実した日々を過ごせるようになりました。また、同期と生活している中で、お互いに高めあえ、より成長できます。

訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか

訓練で体力的に厳しいと感じたことはないですが、体育部活動ではあります。私は体育部活動でカッター部に所属しております。カッターは体力的にも精神的にもとてもつらいと思うことが多くあります。しかし、一緒に漕ぐ同期や、上級生と一つになり全員で乗り越えることができます。体力的に厳しいことがあっても、そのようなことも一緒に乗り越えられる同期や、上級生に出会えます。

受験生へメッセージ

受験勉強をするにあたって、不安になることもあると思いますが、海上保安大学校で制服を着て入学をする自分の姿を想像して、頑張ってください。今日の頑張りもきっと、大学校生活に役立ちます。本校で、皆さんにお会いすることを楽しみにしています。

本科第3学年 真﨑輝

海上保安大学校を受験した理由

幼い頃から海上保安官である父に憧れて、漠然と私も海上保安官になりたいと考えていました。高校生になり進路を考える際に、海上保安官の職務を調べたり父から話を聞いたりしたことで漠然とした思いから明確な目標へと変わり、海上保安官としての高い見識や技能を修得できる本校への受験を決めました。

学校(寮)生活はどうですか

見知らぬ土地での団体生活に対して初めは戸惑いや不安を感じていましたが、すぐに慣れることが出来ました。
厳しい規律の下、大変な部分もありますが、同期をはじめ、それぞれの目標に向かって努力する仲間たちからの刺激を常に感じながら生活することが出来ています。

訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか

確かにそのように感じる訓練もありますが、乗り越えられないものはありません。苦手なことがあっても、練習に付き合ってくれる同期やサポートしてくれる教官方が居るため最後には必ず乗り越えることができます。

受験生へのメッセージ

本校では海上保安業務に直結した勉強や訓練ができます。一般の大学とは異なる部分が多く入学するまでは不安が多いものだと思います。私自身、不安を抱えて入学しましたが現在ではとても充実した日々を送ることが出来ています。共に成長しましょう。皆さんの入学を心待ちにしています。

本科第4学年 増山愛

海上保安大学校を受験した理由

海上保安官の父の影響で、幼い頃から海上保安官という仕事を知っており、海が好きだったことや、公務員になりたいという思いから海上保安大学校を受験しました。進路選択の際に海上保安学校と迷いましたが、4年間じっくりと学びたいと考えたため、本校を目指すことにしました。

学校(寮)生活はどうですか

寮生活は楽しいことばかりではないですが、同期と助け合うことの大切さを学び、たくさんの思い出ができました。
4年生は、行事の運営や訓練での指揮を行うようになり、大変なこともある一方で、達成感や充実感が得られます。

訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか

私は運動が得意ではないため、体力的に厳しいと感じることもあります。また、乗船実習では船酔いに苦しみました。しかし、周りに励ましあえる同期がいるため、乗り越えることができました。女子でも男子と同じように訓練を行いますが、日々の生活で自然と体力がつくので、あまり心配はしなくていいと思います。

受験生へのメッセージ

今は不安な気持ちもあるかもしれませんが、本校に入学すれば、他ではできない経験や、頼れる仲間ができます。
海上保安官になりたいという強い気持ちで、受験勉強を頑張ってください。皆さんのご入学をお待ちしております。

初任科 伊藤天晴

大学では何を学んでいましたか

私は早稲田大学人間科学部にて、「人間とは何か」をテーマに様々な学術分野を横断して勉強していました。卒業研究では人の脳神経の働きをコンピュータ上で再現するシミュレータの作成をしました。

海上保安大学校を受験した理由

かねてより海の治安維持を通して社会に広く貢献できる海上保安官という仕事に魅力を感じており、また初任科にあっては大卒者でも2年で幹部として海上保安業務に関わることができるという事から、受験を決意しました。

学校(寮)生活はどうですか

毎日、規則的で健康的な生活を送っています。定められたタイムスケジュールの中で生活するとなると息苦しいように思われますが、課業後や休日には同期と談笑したり自分の趣味に没頭したりと、羽を伸ばす時間もありますので、メリハリのある充実した生活を送ることができています。

訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか

厳しくないとは言えませんが、訓練における目的をしっかりと認識し一つ一つの事に全力で取り組んでゆけば乗り越えることは可能です。何よりも、訓練をやりきった時の達成感や、最初できなかったことが訓練を通してできるようになったときの喜びの方が大きいです。

受験生へのメッセージ

初任科には新卒・社会人経験者等、色々な経歴をもった者がいます。中には公安職や海洋系学部出身者もいますが、そうでない者も多数います。海上保安業務において多様性が求められる昨今、どのような経歴の方でも必ずその経験を活かすことができると思います。皆様のご入校を心よりお待ちしております。

初任科 池浦周

大学では何を学んでいましたか

私は同志社大学の文学部国文学科で、江戸時代の和歌を研究していました。卒業論文は上田秋成の『五十番歌合』という作品における『万葉集』や『伊勢物語』からの影響をテーマに作成しました。

海上保安大学校を受検した理由

大学三年次での就職活動に向けた情報収集の際に、NHKのドキュメンタリーを偶然見かけ、海上保安学校を知り、そこで自分よりも若い人達が国のために訓練に励む姿に感銘を受けたことがきっかけで、海上保安庁を志望するようになりました。それから調べていくうちに海上保安大学校で初任科の募集が始まると知り、大卒から海上保安大学校を経由して初級幹部になれるという点、また一期生ということもあり、自分たちで道を作れるという点に魅力を感じ、海上保安大学校初任科を志望しました。

学校(寮)生活はどうですか

初任科は22歳~31歳と幅広い年齢の研修生が集まった集団生活になります。そのため、お互いに気遣いが必要なところもありますが、層が広い分、個性も様々で、自分にない部分を持っている人が沢山いるので、新鮮で充実した日々を送っております。

訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか

今まで運動とは無縁の生活を送ってきたため、体力的に厳しいと感じることはありました。しかし、同期と励まし合いながら真摯に訓練に取り組むことによって、自分ひとりだけでは諦めてしまいそうな訓練も乗り越えることができました。

受験生へのメッセージ

初任科は本科が四年間で学ぶことを二年間で習得しなければならず、また訓練も、端艇訓練や遠泳訓練等、基本的に本科と同じことを行うため、忙しい毎日ではありますが、入って後悔したことは今のところ一度もありません。
初任科は新設されたばかりなので、どのようなものか想像ができず不安に思われるかもしれませんが、海上保安官になりたいという気持ちがあるのならば、きっと大丈夫です。受験生の皆様の入校を楽しみにお待ちしております。

初任科 槇原 豪

大学では何を学んでいましたか

私の母校は九州大学であり、法学部に所属し、法律(ゼミは民事訴訟法)について学んでいました。また、大学では体育会ヨット部に所属し、インカレ総合優勝を目指して選手・マネージャーとして活動していました。

海上保安大学校を受験した理由

幼いころから瀬戸内海でヨットや釣りなどのマリンレジャー・スポーツを楽しんでおり、大好きな海にかかわる仕事がしたいと考え就職活動を行っていたところ、大卒向けの初任科課程が海上保安庁(海上保安大学校)にて新たに創設されることを知り、これだ!と思い志望しました。

訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか

成長するための訓練であるので、もちろん多少の負荷はかけられ、きつく感じることはあります。しかし、同期とともに励ましあい乗り越えています。できないことをできるようになるために取り組んでいますので、不安に感じることはありません。訓練を通して成長できた時にはとてもやりがいを感じています。

受験生へのメッセージ

海が好きな人、人の役に立ちたい人、充実した毎日を送りたい人、人生を変えたい人すべての人におすすめです。
初任科の同期には様々な年齢層、前職、前歴を持つものが集まっており、多くの人に門戸が開かれています。情報を収集し、しっかりと考えたうえで決断をしたうえで、当庁を選んでいけたらと思います、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。就職活動・転職活動頑張ってください! 

PAGE TOP