学校案内

大学ニュース(平成30年度)

第10回英語プレゼン・パフォーマンス大会への参加

 平成30年12月16日(日)、大学英語教育学会主催の第10回「Oral Presentation and Performance Event(OPP:英語プレゼン・パフォーマンス大会)」が広島工業大学五日市キャンパスで開催されました。今回は広島県と山口県内の大学6校が参加し、各校が大ホールの聴衆の前で工夫をこらした英語の発表をしました。
 本校からは基礎教育学講座二五義博教授の指導のもと、本科2学年6名、本科1学年8名の計14名が“The Story of a Sailor”(ある船乗りの物語)と題して、平凡な少年が大学校での生活、勉学や訓練を経て立派な海上保安官へと成長していく過程を物語風にまとめ、英語で25分間の発表を行いました。
 発表当日は、連日に渡り、学生各自が必死に取り組み、チームとしても一丸となって練習してきた成果が十分に発揮されました。朝の海上保安体操、制服を着用しての行進や総合指揮では、本校らしい一糸乱れぬ動きと大きな声で、会場全体を盛り上げました。そんなまじめさの中にも、卒業式のシーンはユニークな動作で演じ、会場が笑いの渦に包まれました。一方、逮捕術で不審者を制圧する場面などでは、英語セリフ付きの臨場感あふれる実演を行い、聴衆はその迫真の演技に圧倒されてか、大きなどよめきが起きました。また、今回は海上保安業務についてのクイズも行い、聴衆との一体感のある発表となりました。
 発表後には、他大学の先生方や学生との交流会が行われ、本校のプレゼンやパフォーマンスに対し分かりやすく、かつ面白く、内容的にも大変興味深かったとの声を多くいただきました。また、各学生が大学校や海上保安官の仕事に関する質問に対し1つ1つ丁寧に受け答えをし、本校の広報活動という点においても本イベントへの参加は大変有意義なものとなりました。


プレゼンテーションの様子

英語プレゼン・パフォーマンス大会参加学生及び二五義博教授