学校案内

大学ニュース(平成30年度)

平成30年度オリエンテーション登山を実施

 4月13日(金)、晴天に恵まれた中で本科学生、研修生の気力体力の錬成及び教職員の方々との相互交流を目的としたオリエンテーション登山を実施しました。これは新入生のオリエンテーションの最終日に例年実施するもので、今回は呉市若葉町の当校から同市宮原町の休山山頂までの往復約22キロメートルを歩行するものとなりました。
 以下は、参加した本科学生のコメントです。


 4度目の登山は1学年の際に登った休山でした。3年前とはメンバーは全く違うためとても新鮮であり新しいスタートだというすがすがしい気持ちで登ることができました。一方で見たことのある景色、そしてリュックを背負い積極的に話をしようとする1学年を見て自分の入学当時を思い出し初心を振り返ることもできた登山にもなりました。私は新入生や普段あまり話す機会がない学生と話せるこの登山をとても楽しみにしていました。思っていたよりも距離が長く多少の疲労感はあったものの天候にも恵まれ、沢山の学生や教官方とコミュニケーションをとることができ、そして何より班のメンバー全員が笑顔でゴールし、笑顔溢れる集合写真が撮れ、大変楽しく思い出に残る登山となりました。登山をもってオリエンテーションが終わり1年の良いスタートになったと思います。

本科4学年Ⅰ群 野田 英里子



 今年度のオリエンテーション登山は大学校から約10kmのところにある休山へ行きました。このオリエンテーション登山は入学した1学年を歓迎するとともに新しい班員、研修生、教官方と交流を図り、親睦を深めることが目的です。往復20kmを超える登山は決して簡単ではなく、上級生、下級生とともに団結、奮闘しなければ達成できるものではないと改めて感じました。往路では傾斜のある道を上級生は下級生を導き、下級生はそれに答えるように力強く一歩一歩踏みこんでいました。山頂では班ごとに昼食を取りとても良い雰囲気で会話を楽しみました。また、復路では往路とは違う道のりで、けもの道を通り下山しました。一人がやっと通れる道を上級生を中心に励まし、下級生をリードし下山していきました。今回のオリエンテーション登山では班の団結力が高まり、教官方 とも親睦が深まり、実に有意義な時間となりました。来年度のオリエンテーション登山も実りある登山となるように下級生を引っ張っていきたいです。

本科第3学年Ⅰ群 中村 浩己



 オリエンテーションの締めくくりとして本科学生、特修科研修生、語学研修生及び教職員の総勢約300名で呉市の休山へ登山を行いました。新入生にあっては、4月1日の着校から登山当日まで厳しいオリエンテーションを受けてきており、疲労もあるかと思われましたが、出発前の準備体操から大きな声を出し、疲れを感じさせない様子でした。
 出発後は学生や研修生の会話も弾み交流を図ることができました。山頂に到着してからは、各班で昼食をとる中、新入生の個性ある自己紹介で大変盛り上がりました。また、山頂から見下ろす呉市の町並みはとても美しいものでした。帰校後は、総行程22kmを踏破した達成感を味わうことができました。
 今回の登山で養った気力・体力、そして学生・研修生の絆を糧にしてこれから先の訓練や行事等に「オール海保大」で臨んでいきたいと思います。

本科2学年 垣内 滉正



 私にとって今回のオリエンテーション登山は二つの点からとても有意義なものとなりました。
 一点目は、上級生の方々とコミュニケーションをとることができたことです。登山中や休憩の際に、日ごろお話しすることの少ない上級生の方々と交流を深めることができました。人見知りの私でも多くの上級生の方々とコミュニケーションをとることができ、とても楽しかったです。
 二点目は、リフレッシュすることができたことです。私はオリエンテーション登山が行われるまでの期間、緊張で気を休めることができていませんでした。しかし、登山での上級生の方々や同期との楽しい会話を通じて、とても晴れやかな気分になりました。
 オリエンテーションが終わり本格的に大学校生活が始まりますが、積極的に行動し実りある生活にしていきたいと思います。

本科1学年 赤間 翔伍



山頂での様子