管区の声

幹部海上保安官は、卒業後、全国各地に存在する海上保安本部、保安部、航空基地当や巡視船といった現場での勤務と東京の海上保安庁(本庁)で国の政策に携わるといった業務を交互に経験しながら、ステップアップしていきます。

ここでは、各地の現場で働く先輩の声を紹介します。

久保 大地(大型巡視船:主任航海士)

※写真左から3番目

私は、海上保安大学校を卒業後、石垣海上保安部所属の巡視船「よなくに」に主任航海士として配属されました。

私達が業務を行う尖閣諸島周辺海域は、領海警備の最前線の現場であり、刻一刻と変化する情勢の中、適切な対応が求められ、船艇の運航の指揮者として、大きなやりがいをもっています。

大学校卒業生は、日本各地の部署で勤務するため、あらゆる土地の文化や風土に触れられることも魅力の一つだと思います。

今後も温暖な八重山の気候とともに、業務に邁進したいです。

間賀田 祥岳(大型巡視船:主任機関士)

私は、第六管区海上保安本部呉海上保安部巡視船くろせ主任機関士/潜水士の間賀田祥岳です。

潜水士としての主な業務内容は海上における海難救助活動です。海難救助の現場では、困難な環境が多く、気力体力はもとより高い技術と知識が求められます。

そのため、日々の訓練では心が折れそうになることも多々ありますが、その厳しさが人命救助に繋がることを思うと、何物にも代え難いやりがいを感じることができ、この仕事に就いてよかったなと思えます。

佐藤 祐貴(大型巡視船:主任通信士)

私は現在、巡視船そうやの主任通信士として、巡視船の安全運航のための通信はもちろん、領海警備や急患搬送などの幅広い業務の中で相手船舶や陸上部署との連絡調整役を担っています。

海上保安官に興味はあるけど不安もある皆さんへ。多岐にわたる海上保安業務は、陸上・巡視船艇・航空機をあわせたたくさんの海上保安官が連携し、訓練等の緻密な努力を重ねて成し遂げることができるものです。一人で簡単にできるものではありません。

漠然とした不安は心の片隅に置いて、大学校でしっかり勉強し、ぜひ一緒に日本の海の安心と安全のために働きましょう!

橋詰 崇臣(巡視艇:船長)

私は高3の夏、海上保安官となることを決断し、30歳の今、巡視艇船長として職務を全うしています。

巡視船艇勤務の魅力は、チームとして密に仕事ができることです。人との密が敬遠されるご時世ですが、心の距離近く、阿吽の呼吸によりチームが機能し、多種多様な海上保安業務を完遂する瞬間は、快感に近いやりがいを感じさせ、今だからできる皆さんの決断を将来必ず肯定してくれます。

未だ見ぬ制服姿を関門海峡の巡視艇から心よりお待ちしております。

入澤 優磨(巡視艇:機関長)

私は、平成25年に海上保安大学校を卒業し、現在はPC型巡視艇で機関長として乗組員一丸となって沖縄の海の安全・安心を守っています。

時には海上荒天下での厳しい業務等もありますが、これまでどの職場もアットホームで仲間意識が強く、チームで協力して乗り越えてきました。

海上保安大学校で学んだリーダーシップなどを発揮し、業務や目標を達成した時に得られる喜びは格別です。これから海上保安庁を希望される皆さんと現場で一緒に働けるのを楽しみにしています。

田中 敏文(回転翼機:機長/飛行士)

現在、私は北九州航空基地にてヘリコプターの飛行士として勤務しております。

当基地は、令和2年4月に福岡空港から北九州空港へ移転し、九州北部および山口県西方周辺海域の捜索救助・警戒監視などの業務を行っています。航空機は、海難救助等のいざというときにいち早く現場に駆け付け、捜索救助を実施する重要な役割を担っています。また、豪雨等の自然災害にも対応し、被害状況の調査や孤立者救助も実施しています。

大変やりがいがあり、とても良い経験ができる職場です。皆さまと一緒に働けることを楽しみにしています。

宮本 元気(固定翼機:機長/主任飛行士)

私は、羽田航空基地で飛行機のパイロットとして勤務しています。

旅客機は、ほぼ同じ飛行経路を時間どおりに飛行しますが、海上保安庁の航空機は、様々な事案や状況に対し、臨機応変に対応しなければなりません。また、海上保安庁の航空機には、パイロットだけではなく、通信士や整備士などが乗組員として搭乗しており、機長(パイロット)は、それら乗組員を指揮しながら航空機を運航します。時にはそれらにプレッシャーを感じることもありますが、乗組員それぞれがプロとして役割を果たし、無事に任務を全うすることができた際は、チームとしての一体感と非常に大きな達成感を感じることができます。

 

前田 俊幸(海上保安部:警備救難課長)

高校生当時、将来の明確な目標がなく、海上保安庁の仕事内容をほぼ知らないまま何となく海上保安大学校を受験し入学しました。卒業後、船艇勤務をはじめ、警備救難業務、航行安全業務等多様な業務に携わり、色々な経験を経て、今となっては海上保安庁の仕事に誇りを持っています。

海上保安庁は海の安全・安心を守る唯一無二の組織であり、ここでしかできないことがあります。海上保安庁で自分にあった仕事が必ず見つかるはずです。

門上 大介(海上保安部:警備救難課長)

人命救助や犯罪取締等の担当として、国民を守る最前線かつ最後の砦との気概の下、陰ながら神戸の海を守っています。

卒業後16年、船艇勤務のほか、尖閣警備や捕鯨妨害対策、海賊対策、予算編成等の業務を通じ、官民様々な人との出会いはもとより、物事の捉え方・考え方を多く吸収できたことは正に財産です。

大なり小なり組織運営にも携われ、汗を流して得た苦労(経験)は、少しずつでもより良い組織に反映していけることも魅力です。

 

蓮見 由絵(海上保安部:次長)

ぐるっと囲まれているのに普段あまり意識しない「海」が仕事場です。海保の仕事の魅力は、どの仕事も、直接的・間接的に人の命を守ることに繋がることと、世界と繋がっていることです。広く興味を持ち挑戦すれば、人生を豊かにできる仕事や人との出会いがあります。転勤が多く、全国に(時に外国にも)行くので、我が子も各地に友達がいます。保大卒で定年退職を迎えた女性は未だいませんが、私は定年まで働きたいと思っています。

 

灘波 陽子(航空基地:次長)

海上保安大学校を知ったのは受験がきっかけでした。大学で学んだことが人命救助や犯罪捜査など海上保安官の仕事に直結、巡視船艇や航空機で荒波を越え現場に向かう姿が幼いころに憧れた正義の味方にも重なりました。

全寮制での学びは、精神的にも経済的にも独立し、仲間との絆も得ることができます。世界一周の遠洋航海、航空機の機長として最前線での業務経験など、遣り甲斐を肌で感じることのできる日々に感謝しています。

 

真鍋 朗宏(中型巡視船:船長)

我々の業務は、近年注目されている尖閣諸島の領海警備のみならず、日々、現場で発生する海難事故の防止や救助、違法行為の摘発、船舶交通の安全確保など多岐にわたり、本校の卒業生はこれら業務を巡視船、本庁などあらゆる立場で経験することとなります。

政府の一員として重要な使命を担う領土・領海の堅守から地域ニーズに応える安全・安心の確保、更には外国海上保安機関との連携などを通じた平和で安定した海の実現など、時には海外での勤務も含めて様々な立場で主導的に携わることができる大変「やりがい」のある職場です。

 

犬藤 学(大型巡視船:船長)

3500トン型巡視船の船長として、尖閣諸島をはじめとする沖縄周辺海域の領海警備、海難救助等にあたっています。

国際問題にも発展しかねない重要な業務もあり、また、約30名の乗組員の命を預かっていて、常に緊張と責任感を強いられますが、業務を終了し無事に入港した際は、「国民、国家の安全・安心に貢献しているのだ」という、大きな達成感、やりがいもひとしおで、本当に海上保安官になって良かったと思います。

 

松鶴 協(ヘリコプター搭載型巡視船:船長)

日本の周囲に広がる海は、生産や流通の場であり、レジャーや癒しの舞台でもあります。私たち日本人は、海から多くの恩恵を受け、時に自然の猛威に見舞われながら生活し、そこから生まれた文化を受け継いできました。

様々な形で海に係わる人々の安全を守り、安心して活動してもらうための海上保安官の仕事も様々です。仕事のアプローチも様々ですが、任地での生活や人と触れ合い、社会に貢献できることにやりがいを覚えます。あなたの参加を待っています。

 

斎藤 浩司(ヘリコプター搭載型巡視船:業務管理官)

海上保安業務は一人ではなにも出来ない。信頼できる仲間と共に「正義仁愛」の精神の基に業務を完遂する。 これこそが海上保安庁である。その第一歩として、海上保安大学校に入学し、学生寮での学生生活を謳歌して欲しい。

自身の海上保安大学校での学生生活を振り返れば、学生寮で「同じ釜の飯を食う」ことは、自身の個性や隠れた才能にも気づかせてくれた。ここには、仲間と共に未成熟で貧弱な自身を切磋琢磨できる環境がある。

 

杉浦 毅(海上保安部:部長)

※写真左から2番目

日本は四面を海で囲まれ、海は貿易、物流、漁業、レジャーなどの活動の場であり、わたしたちの暮らしと切り離すことができないものです。現場では、そのような海上を舞台にさまざまな業種で活躍している方々と協力して、海上(船舶交通)の安全確保のための各種施策にその中核となって取り組んでいます。

事故のない安全な海の実現という願いを同じくする海で働く人たちから多くを学び、海で働く者の連帯感をも感じながら、地域の安全・安心への貢献を実感できる仕事です。

 

東城 英雄(海上保安部:部長)

「船に乗りたい」という動機で海上保安大学校入学。その後、「潜りたい」、「海外勤務したい」という動機で、潜水士、特殊救難隊、JICA長期専門家(マレーシア)なども経験。動機は単純でしたが仕事は奥深いものばかりでした。

今は、海上警備の現場対応も。大学校は、入学前に想像し得なかった進路、局面に対しても対応できる基礎を養える場所です。海上という現場でこそ学べる経験を将来の可能性に繋げませんか。

 

篠崎 雅由(航空基地:基地長)

当航空基地では、操縦士や整備士として海上保安大学校の卒業生が勤務しています。

当庁の航空機は、海上パトロールや船舶からの人命救助など、様々な場面で活躍しています。業務自体が特殊であるうえ、時に気象条件など厳しい環境の中で業務を行う必要があることから、高度な知識や技術が求められますが、その分やりがいのある仕事です。

特殊な技術を身に着けて社会に貢献したい、一般には経験できない仕事に興味があるという方には特にお勧めします。

 

佐々木 渉(管区海上保安本部:部長)

働くということは「人生を生きるということ」

受験生の皆さん、元気ですかっ!

これからどんな職業に就こうか、自身の進路に迷っている皆さんにお伝えしたいことがあります。それは、「働くということは人生を生きる」ということです。「使命感」や「やりがい」を見出せる職業に恵まれることは、働くということを通して自身が成長し、人生そのものも豊かに生きることができるということです。

海上保安官という職業にはやりがいと使命感が詰まっています。皆さんが大切と思う人たちの平穏、生まれ育ったこの国の平和を保つため、広大な海で命を救い、悪を追い詰める・・。

「正義仁愛」をモットーにするのが海上保安官という仕事であり、そのリーダーを育成するのが海上保安大学校です。今の時代だからこそ、自身に譲れぬ正義を持ち、世のため・人のためにドラマティックに生きてみませんか!

 

中林 久子(管区海上保安本部:部長)

第四管区は、トヨタなどの製造業の盛んな東海地方(愛知県名古屋市)に位置しています。この地域の船による輸出入貿易額は1日約500億円。伊勢・三河湾を中心とする海の安全を守ることで、中京圏の経済活動や国民生活を支えています。また現在、南海・東南海トラフ地震災害に備えた対策を、産官学の枠を超えて検討しています。

地域の方々に海上保安庁の役割・勢力が知られていないことを痛感することもありますが、期待されることも多く、日々やりがいを感じています。

 

白石 己昌(管区海上保安本部:本部長)

「大学校で培った理念と信頼関係が安全保障の礎」

海上保安庁は、尖閣諸島周辺海域の領海警備を始め、我が国の安全保障に直結する多くの任務を担っている。日々変化する状況の中、国際法や国内法を踏まえた臨機な判断と対応が必要となる。そこで最も尊重されるのは、現場の各級指揮官の判断だ。

この機能的な組織運用を可能にしているのが、本庁(霞が関)から現場末端に至るまで浸透している海上保安大学校の教育で培った共通の理念と信頼関係だ。

君もこの組織の一員として、海洋の安全保障を担ってみないか。

 

PAGE TOP