海上保安大学校研究報告 目次


法文学系
平成4年度 第38巻 第1・2号 合併号 通巻58号

【論文】
  1. いくつかの中英語期作品における七大罪源の扱われ方について
     -- 特にカタログ表現として --
     出本文信 ......... (197)

  2. 英語における名詞句の主語とθ理論
     中村裕昭 ......... (167)

  3. 海域の危険性・安全性の評価についての一考察
     松田不二夫 ......... (145)

【論説】
  4. 子どもの教育に関する権利
     -- 教育を受ける権利を中心として --
     佐藤  薫 ......... (1)

  5. 犯罪捜査の職務と海上保安庁
     -- 海上保安庁法31条の注意 --
     大國  仁 ......... (23)

  6. 商法203条2項の権利行使者の通知と原告適格
     片山信弘 ......... (53)

  7. 監督過失における予見可能性論 (六)
     大塚裕史 ......... (67)

  8. 17世紀オランダの中立通商政策
     -- バインケルスフーク理論の検証 --
     明石欽司 ......... (101)

  9. 海域利用の合意形成システムとゾーニングについての一考察
     松本宏之 ......... (125)