海上保安大学校図書館貴重図書利用基準


 貴重図書とは、本校図書館貴重書庫内に納められている旧海軍大学校図書を指すものとする。
 閲覧、複写、撮影に関しては、「海上保安大学校図書館貴重図書の利用に関する規則」に従い実施し、利用基準は下記のとおりとする。
                   記

1 貴重図書は、原則貸出禁止とする。

2 第4条第1項様式1の貴重図書閲覧・複写・撮影許可願に記載された図書について、図書館長が学術研究等のために必要であると認めたものは、館員が指示して、図書館内において、閲覧、複写、撮影させることができる。

3 第5条第1項様式2の貴重図書貸出許可願に記載された図書については、その図書が複数本あり、図書館長が学術研究等のため必要であると認めたものは、貸し出すことができる。

4 閲覧遵守事項は、次のとおりとする。
(1) 閲覧は、館員が指定した場所で閲覧すること。
(2) 閲覧時は、白手袋等で閲覧し、取扱いには十分注意すること。
(3) 閲覧図書は、現状を変更することのないよう慎重に取扱うこと。
(4) 使用する筆記具は、鉛筆と限定する。

5 複写等遵守事項は、次のとおりとする。
(1) 複写は、原則として写真撮影に限定する。
(2) 複写物を、利用目的以外に使用しないこと。
(3) 無断で再複写しないこと。
(4) 著作物に引用又は出版物に掲載したときは、図書館所蔵の旨を明示すること。
(5) 復刻、翻刻又は出版物に掲載したときは、図書館所蔵の旨を明示するとともに、当該出
 版物1部を図書館に寄贈すること。
(6) 写真のネガフィルム等は、使用が終了した時点で、図書館に寄贈すること。