旧海軍大学校図書

東郷文庫本校図書館には、昭和26年12月、日比谷図書館(現東京都立日比谷図書館)から譲り受けた旧海軍大学校が所有していた図書約8,000冊が、本校図書館貴重書庫に納められております。
この旧海軍大学校図書は、19世紀初頭の戦術書や、第一次世界大戦時の外交文書など、歴史的に貴重なものでしたが、譲り受けてから半世紀が経過し、現状のままでは、閲覧が不可能な状態となり、平成16年度に、日本財団と(財)海上保安協会の支援のもと、これらの図書を脱酸性化処理による保存と製本を行い、歴史の保存とともに、戦術史等の研究にも役立てることができるようになりました。
明治37.38年海戦史第一巻に東郷平八郎による書込みこれらの図書の中には東郷平八郎が英国留学中(明治4年〜11年)に使用したとされる「英大帝国史」など、同人が所有していたとされる図書(東郷文庫)や、旧海軍が写真を使用したため12冊しか作製しなかった「日本海大海戦写真帖」のうちの1冊など、大変貴重な図書が含まれております。
このほか、英国海軍のネルソン提督が活用したといわれるジョン・クラーク著「海軍戦術論」(1804年)、米国海軍のアルフレッド・T・マハン著「海上権力史論」(1890年)、ドイツのビスマルク著「思想と回想」(1919年)、フランス元大統領のレイモンド・ポアンカレ著「回想録」(1936年)、ナチス・ドイツの「ポーランド外交秘密文書」(1940年)など、20世紀初頭の外国軍人、政治家、学者による第一次世界大戦に関する図書など、当時の海軍に多大な影響を与えた図書も多数あります。
学術研究等で閲覧のご希望の方は、「旧海軍大学校図書のご利用について」をご覧になり、許可願を本校図書館長に申請してください。
なお、本校図書館の開館日及び開館時間は、月曜・火曜・木曜日が午前8時30分から午後6時30分まで、水曜・金曜日が午前8時30分から午後5時までとなっております。
また、閉館日は、土曜・日曜・祝祭日・年末年始の休日及び図書館長が特に定めた日となっております。

旧海軍大学校図書一覧 東郷文庫一覧(和書) 東郷文庫一覧(洋書)

お問い合わせ先 〒737-8512 広島県呉市若葉町5-1 海上保安大学校図書館
TEL (0823) 21-4961(内線282)
FAX (0823) 21-8105