海上保安大学校


海上保安大学校とは

将来の海上保安庁の幹部となる職員として採用された学生に対し、海上保安業務に必要な高度な学術や技能を教授し、あわせて心身の練成を図ることを目的に設置された海上保安庁の教育期間です。
教育期間は、本科4年、専攻科(遠洋航海実習等)6カ月の合計4年6カ月です。

教育方針

近年の海上保安を取り巻く環境は、複雑・多様化、国際化、かつ高度情報化が一段と進展し、従来にもまして、幅広い知識と技能が要求されています。こうした状況に的確に対応出来る人材を育成するため、全寮制の下、以下の3点に重点をおいた教育訓練を実施しています。

1.人格の陶冶とリーダーシップの涵養

学生に人格を磨き、社会に奉仕し、 かつ、国民の期待にこたえる得る幹部職員を育成すること

2.高い教養と見識の修得

海上保安業務に関し、幹部職員として必要な高度の学術及び技能を教授するとともに進展変化する社会情勢に対し、的確に対応し得る応用能力及び豊かな知識と社会性と卓越した見識を養うこと。

3.強靭な気力・体力の育成

率先して任務の遂行にあたる旺盛な責任観念を養うとともに、厳しい業務に耐えうる強靭な気力及び体力を連星すること。

→連絡先はこちら

↑ページトップ

Copyright © japan Coast Guard Academy