国土交通省電子入札システムについて

 電子政府(e-Japan)構想の一環として、国土交通省では物品等 (物品の製造、物品の販売、役務の提供、物品の買い受け)の分野における入札・開札の業務について、 応札業者の方に入札書を持参して頂く対面による入札・開札に加えて、 インターネット技術を利用した電子入札のためのシステムを構築し、行っています。
 つきましては、電子入札参加に必要な準備等を参照してください。
 なお、上記システムの利用に際し利用者登録等所定の手続も必要となります。
 (電子入札施設管理センター(e−BISCセンター)のホームページ上で利用者登録をして下さい。)


電子入札システムの概要

現在、調達機関と応札者の間で行っている紙面・対面の入札・開札業務を、 インターネット技術を利用し電子化することにより、国内外企業が入札参加の機会を拡大・容易とする。