ここから本文

第64期こじまだより第8号「ホノルル施設見学・レセプション・休養日」

日時 平成30年5月8日(火)~11日(金)
場所 ホノルル
天候 停泊中 概ね晴れ 気温25℃前後


写真1 施設見学を行う実習生
施設見学を行う実習生

 

写真2 施設見学を行う実習生
施設見学を行う実習生

 

写真3 ホノルルを満喫する実習生
ホノルルを満喫する実習生

 

 

 呉を出港してから、12日。私たちは、最初の寄港地であるホノルルに入港しました。初めての大洋航海、待ち受けていたのは大海原。現在は、実習生総員元気かつ士気も高く、実習に臨んでいます。ホノルルでは、日系人の方々から熱烈な歓迎を受けました。また、施設見学として、アメリカ沿岸警備隊サンドアイランド船艇基地と戦艦ミズーリ記念館を訪問しました。

 

【実習生のコメント】

 私たちは、5月9日、アメリカ沿岸警備隊サンドアイランド船艇基地と戦艦ミズーリ記念館を見学しました。
 アメリカ沿岸警備隊サンドアイランド船艇基地では、大小様々な巡視船艇を沿岸警備隊員の方に案内していただきました。アメリカの沿岸警備隊は、日本の海上保安庁よりも規模が大きく、異なる点も多々ありましたが、同じ海上における安全の確保と秩序の維持を目的とする同志が、海を越えて存在していることを再認識し、改めて残りの遠洋航海も頑張ろうと心に決めました。
 戦艦ミズーリ記念館は、太平洋戦争時に、日本の降伏文書調印式が行われた戦艦で、現在は真珠湾で記念館として一般公開されています。ミズーリ記念館の甲板には日本の特攻隊員の攻撃を受けた跡が残っており、相手国の立場から太平洋戦争について考える良い機会となりました。
 (通信科 佐藤 祐貴 実習生)

 ハワイでのレセプションは、アメリカ沿岸警備隊の職員や地元日系人の皆様等、たくさんの方々に乗船していただき、盛大に開催することができました。英語を用いてのコミュニケーションでは、特に言語の壁を感じることなく、様々な職種の方と交流を深めることができました。また、茶道や餅つき等の日本文化を紹介した際には、多くの方が楽しんで参加してくださり、良い時間を過ごすことができました。
 今後のレセプションにおいても、現地の方と積極的にコミュニケーションを図り、多くの方に日本文化を体験していただき、文化交流や語学学習の良い機会としていきます。
 (航海科 木田 祐樹 実習生)

 5月10、11日の2日間は、実習生は休養日でした。ハワイでの休養日は呉を出港してから同期全員長い間楽しみにしていました。
 私は同期と共に、ホノルル市内で観光を楽しみました。ハワイのソウルフードを食したり、有名な観光地に足を運んだりととても有意義な2日間となりました。観光をする中でハワイの文化に触れ、ハワイの人の優しさを感じました。精一杯休養日を楽しみ、次の航海に向けての体や気持ちの準備ができました。
 これからも実習はまだまだ続きますが、多くの事を吸収、実践し、より良い実習となるよう励んでいきます。
 (機関科 今村 駿介 実習生)


このウィンドウを閉じる