ここから本文

第63期こじまだより第13号 「ボルチモア施設見学・レセプション」

日時 平成29年6月9日(金曜日)
場所 ボルチモア(北緯39°16.8′  西経076°35.6′)
天候 快晴 気温 26.0℃ 湿度 62.0% 風向 南西 風速 2.0m/s


米国国会議事堂前にて記念撮影
米国国会議事堂前にて
     記念撮影


米国海軍兵学校にて記念撮影
米国海軍兵学校にて
     記念撮影


レセプションでの茶道の実施
レセプションでの茶道の実施


応援団による演武実施
応援団による演武実施


 6月6日、私たちはアメリカ東海岸のボルチモア港に入港しました。ボルチモアは首都ワシントンD.C.に近い港町で、カニがおいしく野球等のスポーツが盛んな街です。
 ボルチモアでは、施設見学として、米国国会議事堂、USCG本庁、スミソニアン国立航空宇宙博物館、アナポリスの米国海軍兵学校を見学しました。また、9日夜には多数の関係者を招待し船上レセプションを開催しました。


【実習生のコメント】

 ボルチモアに入港してからは、様々な施設見学を行いましたが、中でもUSCG本庁の見学をした際に、講話をして下さった幹部の方々が皆女性であったことに驚きました。お話を伺ったところ、USCGでは海上保安庁よりも女性職員の割合が多いとのことでした。今後、当庁においても女性の割合が増えていくことと思います。現場に赴任した際に活躍できる、責任感のある女性海上保安官を目指すべく、このような貴重な出会いや新たな発見を大切にしていきます。
 (航海科 今岡 桂子)

 私にとってレセプションは2度目の経験でした。前回は緊張からか英語をうまく話すこと、聞き取ることができずに悔しい思いをしました。今回は2度目ということもあり、積極的に現地の方々とコミュニケーションを図り、たくさんの話を聞くことができました。日本文化紹介においても、応援団を現地の方に知っていただくことができ、大変貴重な経験となりました。今回のレセプションを通じて、現地の方々との交流や自身の英語力の向上を実感することができました。
 (機関科 武藤 蓮)

 レセプションは、USCGの幹部や現地在住の日本人等多くの来船者を迎えた盛大なものとなり、貴重な時間を過ごすことができました。三線、尺八、茶道、剣道等日本の文化を紹介した際には、皆さん興味津々で、海外の方の日本に対する関心の高さを実感しました。現地在住の日本人の方は、日本を懐かしく思い出しているようでした。
 今後の日本文化紹介では、海外の方へ日本のイメージをより良いものとできるよう、これまで以上に工夫を凝らし、より親しみをもって観賞していただけるようにしていきます。また、このような機会に戸惑うことなく、自分自身楽しんで過ごせるよう、これからも語学学習や国際儀礼の習得に努めていきます。
 (航海科 田中 公作)


このウィンドウを閉じる