ここから本文

第61期こじまだより第8号 「ホノルル施設見学・ビュッフェランチ」

日時 平成27年5月13日(水曜日)
場所 ホノルル(北緯21°18′ 西経157°52′)
天候 晴れ 気温 26.0℃ 湿度 58% 風速 4.0m/s


「戦艦ミズーリ記念館見学」
「戦艦ミズーリ記念館見学」

「USCGバーバーズポイント航空基地見学①」
「USCGバーバーズポイント 航空基地見学①」
「USCGバーバーズポイント航空基地見学②」
「USCGバーバーズポイント 航空基地見学②」
「ビュッフェランチ」
「ビュッフェランチ」

 5月9日、私たちは最初の寄港地であるホノルル港に入港しました。入港後、12日にはUSCG(アメリカ沿岸警備隊)バーバーズポイント航空基地及び戦艦ミズーリ記念館の施設見学、また13日には、こじま特別公室において、ハワイ日系人連合協会、USCG、在ホノルル日本国総領事館などの方々をお招きし、ビュッフェランチ(立食パーティー式昼食会)を行いました。
 実習生にとって、初めて国際交流を経験するということもあり、初めは緊張の面持ちでしたが、次第に緊張もほぐれ、施設見学では実習生から多くの質問が飛び交い、またビュッフェランチにおいても、実習や船内生活を話題に来客者との会話も弾みました。今後も様々な機会を通じ国際感覚を養っていきたいと思います。


【実習生のコメント】

 今回ホノルル寄港中に2か所の施設見学を行いました。1つ目のUSCGバーバーズポイント航空基地見学では、USCGが管轄する広大な海域における捜索救助において第一線たるための性能の良い大型航空機を有していること、また、職員が多く基地内の設備が大きいことに驚愕しました。2つ目の戦艦ミズーリ記念館の見学では、第二次世界大戦の降伏文書を調印した場所を訪れるなど、日米関係を考える良い機会となりました。今後の各寄港地での施設見学においても、日本との関係や海上保安庁との相違点、参考とすべき点を中心に見識を深めていきたいと思います。
(通信科 奥田 一彰 実習生)

 3ヶ月間の遠洋航海の中で最初の寄港地であるホノルルにて行ったビュッフェランチでは、現地の日系人の方を始め多くの方々をお招きし食事や会話を楽しみました。遠洋航海が始まって初めて外国の方と直接交流する場ということもあり、緊張しましたが、会が進むにつれ緊張もほぐれ、多くの方々とコミュニケーションを取ることができました。
 今回のビュッフェランチを通して私たち実習生は、英語で積極的にコミュニケーションを取ることの大切さを実感することができました。残りの実習においても積極的に英語を用いたコミュニケーションを図り、国際感覚の涵養に努めていきます。
(航海科 草野 優太 実習生)


このウィンドウを閉じる