ここから本文

第60期こじまだより第1号 4学年乗船実習

日時 平成25年12月18日(水曜日)
場所 瀬戸内海
天候 雨   気温 12.0 ℃  湿度 76 %  風向 北北東  風速 3.4m/s


アジア海上保安初級幹部研修生乗船式
アジア海上保安初級幹部研修生乗船式
錨作業中の実習生
錨作業中の実習生
来島海峡航行中
来島海峡航行中
アジア海上保安初級幹部研修生
アジア海上保安初級幹部研修生

 本科第60期の第4学年乗船実習は平成25年12月2日から平成26年3月31日までの120日間、操船訓練・曳航訓練等各科訓練やドック実習を行います。特に12月の乗船実習では射撃訓練、曳航訓練などのほか、4月から当大学校で研修を受けているAJOC(Asia Coast Guard officer Course of Japan:ベトナム、マレーシア、フィリピンの海上保安機関、当庁の職員が参加するアジア海上保安初級幹部研修コース)の研修生も乗船し、共に船内生活を行うことで交流を深めることができます。これから全力で実習に取り組み、さまざまな機会を活かし、多くの事を学び充実した日々を過ごしたいと思います。

実習生のコメント

(航海科 愛垣 元城 実習生)
 いよいよ大学校生活の総仕上げである乗船実習が始まりました。昨年の3学年乗船実習以来、一年間かけて蓄えてきた知識と経験を基に船舶安全運航技術の習得に励みたいと思います。本航海では、寒気で気温が低く外での作業は厳しい状況下で、難所である来島海峡航路を安全に通航するための準備等を体験しました。これから本格的な冬に突入し、実習生にとってはさらにつらい状況の中での航海実習となるかもしれませんが、実習生一同の心は熱く、同期一丸となって訓練及び実習に取り組んでいきたいと思います。
 また、AJOC研修生が本船に乗船されたことから、研修生との交流を通じ、国際感覚の涵養及び海外の海上保安機関への理解を深めたいと思います。

(機関科 戸森 圭亮 実習生)
 いよいよ今年度最後の航海実習が始まりました。射撃訓練も無事に終わり、今度は5日間という短い航程ですが、卒業までの残り少ない実習のうちの大切な実習の1つです。本航海が実りある実習となるよう、時間の許す限り、様々な物事に取り組んでまいります。
 また、本航海の中でのイベントとして、AJOC研修生の体験乗船があります。本期間中は、機関科での実習もさることながら、幅広い見識を習得するため、彼らとの交流も積極的に行っていきたいと思います。


このウィンドウを閉じる