ここから本文

第60期こじまだより第12号 ニューヨーク入港

日時 平成26年6月13日(金曜日)
場所 ニューヨーク港(北緯40°41.′5 西経74°00.′1)
天候 雨  気温 18.0℃  湿度 90%  風向 北北東  風速 5 m/s


入港時にこじまから眺めた自由の女神像
入港時にこじまから眺めた自由の女神像
ニューヨークの街並み
ニューヨークの街並み

 サンフランシスコ港を出港して、19日間が経ち、ついにニューヨーク港に入港しました。 本年度の遠洋航海の中で最も日数の長い航海となりましたが、防火訓練等の様々な訓練やパナマ運河通航を無事に終え、 実り多い航海となりました。
 ニューヨーク停泊中には、国連本部やUnited States Coast Guard(以下「USCG」という。)施設の見学など様々な行事が予定されているので、 国際的な見聞をさらに深めて参りたいと思います。 また、休養日にはアメリカの文化に触れるとともに、次の寄港地であるイタリアに向けて心身共にリフレッシュしたいと思います。

(航海科 合田 光宏 実習生)
 長い航海の後に眺めた自由の女神や街並みは非常に感慨深いものでした。
 サンフランシスコからは、USCGのアカデミーの学生が本船に乗船し、船内捜索訓練など様々な訓練を通じて交流を深めることができました。 しかし一方で、私の英語能力の不足が露呈する場面もありましたので、今後はさらに自身の能力向上に努めてまいりたいと思います。
 特にニューヨーク入港後は、USCG施設見学等、行事が目白押しです。 何事にも積極的に興味を持って取り組み、自身の見識を広げることができるよう頑張っていきたいと思います。

(機関科 平川 真也 実習生)
 3学年の航海実習より感じていたことですが、色々な寄港地に入港する度に、その土地の空気を肌で感じ、眼前に拡がる風景に、 私の中の小さな世界がどんどん拡がっていく感覚を覚えます。
 前の寄港地であるサンフランシスコでは、言葉の違う環境にとまどいながらも人々の温かさに触れることができました。 幻想的な摩天楼が立ち並ぶニューヨークでは、どのような経験ができるのか楽しみに停泊期間を過ごして参りたいと思います。
 本遠洋航海において寄港地はあと3ヶ所となりましたが、残りの寄港地を通して、さらに世界に対する視野を拡げられるよう、 これ以降の実習にも勇猛果敢に臨んでいきたいと思います。


このウィンドウを閉じる