ここから本文

第60期こじまだより第10号 USCGAとのアスレチックフェスティバル

日時 平成26年6月2日(月曜日)
場所 メキシコ南西沖(北緯10°45.′6 西経93°34.′8)
天候 曇り  気温 27.3℃  湿度 85%  風向 南西  風速 7m/s


椅子取りゲームの状況1
椅子取りゲームの状況1
椅子取りゲームの状況2
椅子取りゲームの状況2
表彰されるUSCGA学生
表彰されるUSCGA学生
USCGA学生と記念撮影
USCGA学生と記念撮影

 本日、「練習船こじま」の学生教室にてアスレチックフェスティバルが開催されました。当初の予定では大縄飛びを行う予定でしたが、 悪天候のため学生教室にて椅子取りゲームを行いました。 乗組員、実習生、サンフランシスコからニューヨークまで乗船するUSCGA(United States Coast Guard Academy)学生(女性2名)を4グループに分け、 グループ内で勝ち上がった者で決勝戦を行いました。 USCGA学生は今回初めて椅子取りゲームを行いましたが、すぐにこつを掴み、白熱したゲームとなりました。 USCGA学生は両者とも決勝戦に進み、内1人は優勝する結果となりました。
 今回のアスレチックフェスティバルでは、言葉の壁を超えてお互いに大いに楽しむことができました。

(航海科 小川 祐樹 実習生)
 本日は、USCGA学生を交えたアスレチックフェステバルが開催されました。 USCGA学生はサンフランシスコから乗船してきており、ニューヨークまでの19日間、私達とほぼ同様の生活を送っています。 その中で問題となるのが、彼女達とのコミュニケーションです。 普段から使い慣れていない英語でのコミュニケーションとなるので、今までは伝えたいことがあってもなかなか伝わりづらい場面が多々ありました。 しかし、今回のアスレチックフェスティバルでは、お互い同じように興奮し、笑い合い、応援する場面があり言葉の壁を超えられたと感じる1日となりました。
 ニューヨーク入港までまだ時間が残されています。それまでに彼女達と積極的に英語で交流を図っていきたいです。

(航海科 牧村 公明 実習生)
 今回は荒天のため、室内での競技となりましたが、普段は協力する同期と競い合い、またUSCGA学生と椅子取りゲームを通じて交流できたことは非常に有意義なものでした。 USCGA学生が乗船して1週間ほどが経ち、彼女達との生活にも慣れてきた中、こうした機会でさらに交流を深められたことは、私達実習生にとっても国際感覚の涵養の絶好の機会となりました。
 ニューヨークまで残り約2週間となり、遠洋航海で一番長い航程の途中ではありますが、毎日を大切に過ごし、実習をより良いものにしていきたいです。


このウィンドウを閉じる