ここから本文

第60期こじまだより第3号 1学年体験乗船

日時 平成26年1月20日(月曜日)
場所 別府湾沖(北緯33°19.8’ 東経131°48.1’)
天候 晴れ 気温 6.8℃  湿度 68%  風向 南西  風速 4.5m/s


1学年に航海科の船務について説明をする4学年
1学年に航海科の船務について説明をする4学年
訓練を見学する1学年
訓練を見学する1学年

 今航海は、1学年の体験乗船が盛り込まれた航海実習です。この体験乗船は、1学年が「こじま」に乗船し、航海・機関・通信各科における船務の概要や乗船実習とはどのようなものかを体験することを目的としています。
 1学年にとっては、練習船で受ける初めての実習ですが、4学年の実習生から受ける様々な説明、体験当直や訓練の見学などを通して、各科の船務や船内生活の一端に触れ、それぞれが、貴重な体験の積み重ねになるものと思います。また、私たちは、普段から船内の生活を想定して寮生活を送っていますが、今回の体験乗船を通して、厳しい寮生活がなぜ必要なのか、彼らは、その意義や大切さも理解してくれると思います。
 体験乗船は、1学年にとって普段の生活から学べない貴重な体験の場であり、慣れない生活に戸惑うかもしれませんが、私たち4学年が彼らをしっかりサポートし、有意義なものとなるよう努めていきます。

実習生のコメント

(航海科 中村 佳佑 実習生)
 4学年乗船実習も折り返し時点を迎え、1学年体験乗船が始まりました。1学年は前半と後半の2組に分かれ、それぞれ2泊3日、総航程600マイルの航海を体験します。この乗船中、1学年は体験当直を通して航海科・機関科・通信科全ての船務を経験し、半年後には、自身の希望する科を決定することになります。このため、ここでの体験乗船は、彼らにとって、とても貴重な経験となります。
 また、4学年にとっても、1学年に分かりやすい説明を行うため、各自予習や復習をより一層励んでおり、学年の締めくくりにふさわしい、とても有意義な実習となっています。
 私も4年前にこの体験乗船を経験しましたが、当時4学年だった航海科実習生の丁寧な説明や凛々しい背中を見て、航海科を選択しました。将来の道を決める参考として、1学年ができるだけ多くのことを経験できるよう精一杯サポートしていきたいと思っています。

(航海科 宮崎 洋充 実習生)
 4学年航海科の航海実習も残りわずかとなりました。現在「こじま」には、1学年が乗船し、ここでの訓練や船内生活等を体験しています。
 彼らとの生活を通し、自分自身が1学年の時に感じた疑問や不安を丁寧に分かりやすく説明することに心がけており、それによって、初心に立ち帰れることから、日々の実習がより充実したものになっています。また、1学年にとっても充実した体験乗船となるよう、4学年一同でサポートしていきたいと思います。


このウィンドウを閉じる