ここから本文

第58期こじまだより第31号 MMEA士官乗船

日時 平成24年8月3日(金曜日)
場所 北緯05度43.7分 東経107度24.9分
天候 晴れ   気温 30.5 ℃  湿度 78 %  風向 南南西  風速 10.0m/s


発表を行うMMEA士官
発表を行うMMEA士官
ウェルカムパーティーで茶道及び琴を展示する実習生
ウェルカムパーティーで茶道及び琴を展示する実習生

 ついに、最後の寄港地であるシンガポールを出港し、こじまの母港である呉へ向け最後の航海が始まりました。
 不安一杯で呉を出港したことは、遠い昔のように感じます。
 シンガポール出港時、MMEA(マレーシア海上法令執行庁)の士官4名が交流プログラムの一環として乗船しました。シンガポールから呉までの間、寝食を共にし、様々な交流を行います。
 交流プログラムの第一弾として、実習生とMMEA士官は相互に理解を深めるため、それぞれの機関についてプレゼンテーションを行い、その後、MMEA士官の乗船を歓迎して日本の文化を紹介するなどのWelcome Partyを行いました。
 残り少ない航海ですが、MMEAの方々と積極的にコミュニケーションをとって、より良い関係を築くことができるよう一人一人意識して行動し、最後まで気を引き締め頑張りたいと思います。


実習生のコメント

(航海科 花元 晃 実習生)
 シンガポール出港日、MMEA士官4名の乗船式がこじまにて行われました。
 MMEA士官は、私たちと呉までの航海を共にします。
 呉入港までの間、さまざまなMMEAとの交流プログラムが企画されており、本日はその初日として「MMEA・JCGによるプレゼンテーション」及び「Welcome Party」が行われました。
 これらの交流プログラムを通じてお互いの組織について理解を深め、英語によるコミュニケーションを積極的に行うことで国際感覚の涵養に資することができました。
 今後の国際業務に役立つ経験ができ、非常に有意義でした。


(機関科 三原 孝太 実習生)
 MMEAでは現在、他国からの支援の下、救難や捜査技術の向上に力を入れているそうです。
 また、MMEAトレーニングセンターという新しい施設を建設し、新人の教育に熱心であることを今回のMMEAのプレゼンテーションで知りました。
 Welcome Partyでは、MMEA士官の方々に柔道や茶道の展示によって日本文化に触れていただくとともに、交流の機会として貴重な時間を過ごすことができました。
 今回のMMEAプログラムを通して、お互いに良いところを吸収し、技術・能力の向上に努めていきます。





このウィンドウを閉じる