ここから本文

第58期こじまだより第4号 ホノルル入港

日時 平成24年5月17日(木曜日)
場所 北緯25度18.8分 西経157度51.8分(ホノルル)
天候 晴れ   気温 23.5 ℃  湿度 66 %  風向 東北東  風速 5.0m/s


ホノルル入港
ホノルル入港
USCG航空基地見学
USCG航空基地見学
ダイヤモンドヘッドからの景色
ダイヤモンドヘッドからの景色

 練習船こじまは、5月17日初めての寄港地であるホノルルに入港しました。
 実習生にとって海外に入港するのは初めての経験で、実際に入港してみるとイメージの違いや、驚きがたくさんありました。
 入港時、現地の水先人(パイロット)が乗船し、岸壁に着くまで水先案内を行うことになっているので、当然そこでコミュニケーションも英語です。
 先ずは国際航海における英語の必要性を再認識しました。
 入港日の午後は、USCG(米国沿岸警備隊)の航空基地見学を行い、組織や規模の大きさなど海上保安庁との違いを目の当たりにしました。
 また、ホノルルでは休養日があり、実習生は砂浜等の自然が多く残る風光明媚な観光地を巡り、現地の文化に接し十分鋭気を養いました。
 次港のボルチモアまでは遠洋航海で一番長い航海ですが、実習生一丸となって、全力で頑張っていきます。

実習生のコメント

(航海科 仲宗根 寿望 実習生)
 呉の地を出港してから10日が経ち、ついにホノルルへ到着しました。
 太平洋に出てからは、周りに船もなく、全天を埋め尽くす星やイルカの群れ、水平線をのぼる月など、日頃見ることのない景色と出会うことができました。
 初めてとなる海外での入港作業は緊張しましたが、一つめの寄港地を迎え、日々着実に成長していることを実感しています。

(通信科 小林 玲央 実習生)
 休養日は2日とも天気に恵まれ、絶好のレジャー日和となりました。
 私は初日に土産物を買うためにホノルル周辺を散策し、2日目はダイヤモンドヘッドまでランニングを行いました。
 ダイヤモンドヘッドから見えるホノルルの街並みと透き通った海はとても美しく、遥々こじまから走ってきてよかったと思いました。
 待ちに待った休暇だけに、とても濃密で充実したものとなりました。
 次の寄港地であるボルチモアまでの航海は、呉からハワイまでの航海よりも長い航海となりますが、気を引き締め頑張ります。


このウィンドウを閉じる