ここから本文

第58期こじまだより第3号 日付変更線通過

日時 平成24年5月14日(月曜日)
場所 北緯26度44.7分 東経180度00分(北太平洋)
天候 晴れ   気温 25.0 ℃  湿度 83 %  風向 南東  風速 4.0m/s


西経へ変わる寸前
西経へ変わる寸前
日付変更線祭の様子
日付変更線祭の様子

 練習船こじまでは、島影1つ見ることもなく、360度を海に囲まれた日々を過ごしていますが、実習生は太平洋の広大さを感じつつ、実習を着実にこなしています。
 5月14日、ひたすらハワイに向けて航走を続ける中、ひとつの区切りとなる日付の変更を示す経度180度の日付変更線を通過しました。
 日付変更線は、東経から西経へと経度が変わり、日付が変わる場所です。
 練習船こじまでは、5月14日を2日間(2度)過ごすことになります。
 2日目の5月14日には、恒例の日付変更線通過祭と称し宴を設け、実習生、乗組員との親睦を図りました。
 まだまだ長い道のりですが、1歩1歩前進していきたいと思います。

実習生のコメント

(航海科 菊池 宙心 実習生)
 呉の地を出港して8日目ついに東経の地から西経の地に踏み入りました。
 目に見える変化はありませんが、実習生の心の中にはまだ見ぬこの先の航海に期待と不安が見受けられます。
 この日付変更線の通過を一つの区切りとし、今まで出港から約1週間の航海を振り返り、またこれからの航海を見つめ、出港式で決意した気持ちを思い出し、さらに成長できるように頑張って行きたいと思います。
 そして今のこの期待と不を自信に変えて8月呉の地に帰港したいと思います。

(航海科 鈴木 翔大 実習生)
 呉を出港し8日経ち、船内生活にも慣れてきました。
 本日は日付変更線を通過し、日付が一日遡るという貴重な体験をすることができました。
 夕方からは通過を記念して日付変更線祭が開催され、訓練甲板に実習生・乗組員が一堂に会して、バーベキューやゲームをしながら親睦を深めることができ、とてもいいリフレッシュとなりました。
 ハワイまで残り数日です。
 また気持ちを引き締めて、長い遠洋航海、楽しいことも苦しいこともたくさんあると思いますが、それらを乗り越えて、呉に帰る時には一回りも二回りも大きく成長できるように日々励みたいと考えています。


このウィンドウを閉じる