ここから本文

第58期こじまだより第2号 業務管理官講話

日時 平成24年5月12日(土曜日)
場所 北緯30度23分 東経165度33分(北太平洋)
天候 晴れ   気温 21.7 ℃  湿度 97 %  風向 南南東  風速 5.0m/s


出港式
講話中の業務管理官
園児から花束を受け取る実習生
講話風景

 5月12日、こじま学生教室において、こじま業務管理官による講話が行われました。
 講話は、人として、社会人として、そしてプロとしての心構えや姿勢について、業務管理官の経験を踏まえた内容でした。
 今回の講話を受け、実習生は、自分たちの認識不足や考えの甘さを感じ取り、このままではいけないと気持ちを引き締める機会となりました。
 遠洋航海実習はまだ3ヶ月間あり、たくさんの訓練や各種行事が予定されています。実習生は、この実習で大きく成長し、 自分が目指すべきレベルに達することができるよう、あらためて実習への高い志を抱きました。

実習生のコメント

(機関科 徳留 裕亮 実習生)
 本日、業務管理官による講話がありました。
 この講話では今までの経験を基に、海上保安官として求められる能力、姿勢、そして若い士官としての心構えなど貴重なお話を伺いました。
 その中でも一番心に残った言葉は「失敗を恐れるな、若い時は失敗して成長するもの」です。
 今まで、失敗を恐れ消極的な部分になることがありました。
 しかし、失敗することは若者の特権であります。
 遠洋航海においては、失敗を恐れず、積極的に行動し、失敗を自分の成長の糧として、この遠洋航海を終える頃には、 大きく成長することができるようこれからの実習に励んでいきたいと思います。

(通信科 岡本 亜由子 実習生)
 呉を出港し約1週間が経ち、船内生活にも慣れてきました。
 本日はこじま学生教室において業務管理官による講話が行われました。
 講話では業務管理官が自分の今までの経験で得られた業務遂行に当たるための心構え、 取り組み方などについてまとめた資料を基にお話をしてくださいました。
 1つ1つの言葉に重みがあり、今までの自分の心構え、姿勢について考えさせられました。
 遠洋航海は、海上保安大学校の教育における集大成と言える実習です。
 この実習で、多くの経験をし、知識だけでなく心構えや姿勢といった面も成長できるよう頑張りたいと思います。
 


このウィンドウを閉じる