学生生活

ここから本文

学生生活

在学生の声

 海上保安大学校について、ホームページを通してその概要を紹介していますが、ここでは一般の方々から多く寄せられる質問に対して在学中の学生に答えてもらいました。少しでも皆様の参考になればと思います。

 → ご質問・ご相談は、こちらにお寄せください。
本科第1学年 小村 健太
・海上保安大学校を受験した理由
 私は幼いころから海が大好きで、また、人の役に立つ仕事がしたいと考えていました。海を舞台に人々の命を守る海上保安庁特殊救難隊の存在を知り、私も特殊救難隊に入り、人の役に立ちたいと思い、本校への入学を決意しました。
・学校(寮)生活はどうですか
 寮生活には細かい規則が多くあり、初めはかなり戸惑いました。しかし、寮生活には我々が将来、幹部として現場に出たときに必要な素養が多く含まれており、寮生活を通じて人との付き合い方や上級者の前でのマナーを学ぶことが出来ます。大変なことも多々ありますが、ここで生活を送ることで自分が成長し、海上保安官に一歩一歩近づいていることを実感します。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 体力的に厳しいと感じることはほとんどありませんが、訓練においては気持ちの強さが求められると思います。訓練は易しいものではないので、一人一人が訓練をやり遂げる、成功させるという強い気持ちが訓練をより引き締まったものにし、錬度をより高いものにすることができると考えます。
・受験生へのメッセージ
 本校採用試験は一般大学の受験と比べ時期も早く、内容も特殊なので、受験生の方々は大変かもしれませんが、海上保安大学校の学生になった自分を想像しながら頑張ってください。本校では普通の生活や大学では学べないことがたくさんあります。この呉の地で一緒に海上保安官を目指して頑張りましょう。皆様が入学されることを心よりお待ちしています。
本科第1学年 堀部 里奈
・海上保安大学校を受験した理由
 小学生の頃に巡視船の一般公開に行く機会があり、その際に、海上保安官の仕事を知り、ただ漠然と憧れを抱きました。それ以来ずっと、海上保安官になりたいと思い続け、進路選択の際も自ずと海上保安大学校に決めていました。
・学校(寮)生活はどうですか
 寮生活をする上で様々な規則があり、また、厳しい上下関係があることから、入学当初は戸惑いも多く、大変だと感じていました。しかし、現在では自習室や部活動などで上級生と話をしたり、ともに切磋琢磨できる同期と過ごしたりすることで、楽しく充実した日々を送っています。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 水泳が不得意だったため、遠泳訓練が体力的に厳しいと感じました。しかし、教官、上級生や同期のサポートがあり、無事に完泳することができました。厳しい訓練は他にもありますが、共に頑張る同期の存在があるため、何事も乗り越えることができると思います。
・受験生へのメッセージ
 本校には他の大学にはない魅力がたくさんあります。高い志をもって入学をすれば、後悔することはないと自信を持って言えます。勉強をしていると辛く感じることがあるかもしれませんが、「絶対に海上保安大学校に入る」という強い気持ちで、頑張って下さい。
 
本科第2学年第Ⅰ群 坂東 奈江
・海上保安大学校を受験した理由
 小学6年生の頃に映画「海猿」を観て以来、将来は人の役に立つ仕事に就きたいという漠然とした職業観を抱いていました。そして、進路を本格的に考え始めた高校2年生の時もその思いは変わらず、私の職業観に一番当てはまるのは、やはり海上保安庁であると思い至り、4年間、勉学にも勤しむことができる海上保安大学校を目指すことにしました。
・学校(寮)生活はどうですか
 上下関係や規則が厳しく慣れるまでは大変でした。しかし、全国から集まった仲間たちと切磋琢磨し合えるこの環境は本校の魅力であると思います。また、厳しくも温かい教官や上級生から学ぶことは大変多く、とても刺激のある充実した毎日を送っております。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 私は特に厳しいと感じたことはありません。辛い訓練でも、一生懸命取り組んでいるうちに終わってしまいますし、同期同士で励まし合い、助け合えば乗り越えることができます。また、日々の生活や部活動で自然と体力がつくので、現在体力に自信がないと思っている方でも努力次第で乗り越えられると思います。
・受験生へのメッセージ
 受験勉強をしていると辛いことが沢山あると思いますが、海上保安官になりたいという思いを忘れずに精一杯頑張って下さい。本校で皆さんと会えることを楽しみにしております。
本科第2学年第Ⅱ群 仲 誠也
・海上保安大学校を受験した理由は
 私は幼い頃に、川で溺れ、通りすがりの人に助けてもらったことがあり、それ以来、今度は自分が人を助ける立場になりたいと考えていました。丁度その時に、テレビで海上保安官という職業を知り、それ以来憧れを抱きつづけ、海上保安大学校を受験しました。
・学校(寮)生活はどうですか
 当初は、慣れない環境の中で戸惑うことが多かったのですが、助け合える同期が近くにいるので、充実した日々を過ごせています。本校での生活の全ては幹部海上保安官になる為に必要なことだと思えば、辛いと感じても、乗り越えられると思います。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 どの訓練も易しいものではありませんが、私は訓練などにおいて耐えられないと感じたことはありません。精神的に辛いと感じることはありますが、訓練はひとりで臨むものではなく、周りの仲間と共に鼓舞しあいながら訓練に臨みます。訓練の度に仲間や同期の大切さを実感し、さらに絆や団結力が深まります。
・受験生へのメッセージ
 自分の理想とする海上保安官像を描いて、その理想に向かって頑張ってください。共に立派な海上保安官になりましょう。皆さんのご入学を心からお待ちしています。
本科第3学年第Ⅰ群 木村 紗穂子
・海上保安大学校を受験した理由
 父が海事関係の仕事をしていることから、幼い頃から私も海に関する仕事をしたいと思っており、警備・救難などの様々な業務で海に関わることができる海上保安官に強く惹かれました。進路を選択する際は、本校と海上保安学校のどちらかで迷いましたが、海上保安官の職務に関してじっくりと学びたいと考えたため、本校を受験しました。
・学校(寮)生活はどうですか
 周りには常に上級生や下級生がいるため、上下関係を学ぶことができるとともに、人間関係の大切さについても学ぶことができます。また、同じ目標に向けて努力する同期が常に周りにいるため、良い刺激を受けることができ、充実した生活を送っています。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 体力的に厳しいと感じたことは何度かあります。しかし、どの訓練も、教官や上級生、同期のサポートで乗り越えてきました。苦手なことを克服するのは自分自身の努力次第ですが、一緒に頑張ってくれ、力を貸してくれる人が周りに多くいるため、自分を成長させるには最適な場であると感じています。
・受験生へのメッセージ
 本校では、職務に直結した勉強ができます。また、学問以外でも学ぶことが沢山あり、とても充実した4年間を過ごすことができるはずです。慣れない生活に悩むこともあると思いますが、一緒に悩んで一緒に成長できれば幸いです。皆様のご入学を心待ちにしています。
本科第3学年第Ⅰ群 吉田 尚平
・海上保安大学校を受験した理由
 幼い頃から海が好きだったことから海に関わる仕事をしたいと考えていました。また、海上保安庁には警備、救難、海洋情報の提供、海上交通の安全確保など様々な職務があり、海上保安大学校を卒業すれば、一つの分野に限定されず幅広く様々な経験ができることを知り、海に関わる様々な仕事ができると思ったため本校を受験しました。
・学校(寮)生活はどうですか
 大勢の人と共同生活をすることに慣れるまでは大変でしたが、数か月もすればすっかり慣れて楽しくなりました。上下関係や生活規則は厳しいものですが、仲の良い同期との団らんの時間や、上級生や下級生と交流を図る機会も多くあり、一般の大学では経験出来ない密度の濃い時間を過ごすことが出来ます。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 訓練の多くは厳しいと感じますが、体力的に乗り越えられないものは一つもありません。遠泳訓練においては、当初全く泳げなかった者が事前訓練の成果もあり、5海里を完泳できるようになりました。その他の訓練も体力に自信が無くても努力次第で必ず乗り越えられると思います。
・受験生へのメッセージ
 本校は一般の大学と異なる面が多くあり、受験生の皆さんからすると、不安に思われるかもしれません。私も入学前はここでやっていけるか不安でしたが、現在は勉学や訓練に励みながら、毎日楽しく過ごしております。受験生の皆さんが抱く不安を超えるくらいの素晴らしい環境がここにはありますので、期待と不安を胸に受験勉強に励んでください。受験生の皆さんの入学を心よりお待ちしております。
本科第4学年第Ⅰ群 浅井 啓太郎
・海上保安大学校を受験した理由
海上保安庁に興味を抱いたきっかけは、平成13年12月に発生した九州南西海域における工作船事件の映像をテレビで見たことでした。日本は平和で安全な国であると思っていた私は、暗闇の中での銃撃戦に衝撃を受け、日本の安全は自然に享受できるものではなく、懸命に守る人がいるからこそ維持されていると知りました。また、海上保安大学校で学ぶ学問は広い分野にわたっており、理科系であった私にとって法学を学ぶことができる点も魅力的でした。
・学校(寮)生活はどうですか
 本校では日々の授業以外に、多くの訓練や行事があります。それらの立案や運営は学生が主体となって行っており、大変だと感じることも多々ありますが大きな達成感を得ることができます。学生寮には秩序を維持するための規則や船内生活を模範とした慣習があり、初めは不便と感じることもあるかもしれませんが、しっかりとした上下関係や協調性を身に付けることができ、充実した日々を送ることができます。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 船酔いをし易い体質である為、乗船実習中に海が時化ているときは、辛いことが何度かありました。しかし、仲間が船の揺れに耐えながら航海当直に入っている姿を見ると、自分だけが逃げ出すことはできませんでした。卒業後現場に出れば、当直中は私が責任者になります。そう思って気合いを入れると、船酔いが少し収まりました。
・受験生へのメッセージ
 海上保安大学校への入学は、ある意味では職業を選択することであり、自らの将来の道筋を決めることになります。入学してから後悔しないためにも、しっかり自分で考え、納得したうえで入学を決断してほしいと思います。本校での4年間は、厳しいこと苦しいこともたくさんありますが、それでも高い志があれば必ず乗り越えることができます。皆さんの入学を心よりお待ちしております。
本科第4学年第Ⅲ群 和泉 后紀
・海上保安大学校を受験した理由
 一般の大学も受験しましたが、将来は公務員になりたいという思いがあり、加えて、大学で学んだことや経験したことを、可能な限り将来の職へ生かしたいと考えたため、本校を希望しました。
・学校(寮)生活はどうですか
 入学当初は、初めての寮生活だったため、プライベートな時間や空間が全く無いことで、それまでの日常生活との違いに戸惑いを感じ、また、習得すべきことが山ほどあったため、毎日決められた日課をこなすことで精一杯でした。この4年間で時間の使い方を覚え、以前よりも効率的に行動できるようになったと思います。
・訓練などで体力的に厳しいと感じることがありますか
 高校生の時まで運動系の部活に所属しており、運動することが嫌いではなかったので、私個人としては、体力的な厳しさは感じていません。しかし、男子学生との力の差があることは事実ですので、訓練の内容によっては、同期に力を貸してもらうことがあります。
・受験生へのメッセージ
 周囲の同級生と比べると、将来を決めるタイミングが違い、不安に思うことがあるかと思います。しかし、海上保安庁は多種多様な業務を所掌していることから、卒業後の将来像は人によって様々です。具体的に何をしたいか、どう生きていきたいかは、本校の4年間であるいは卒業後の現場において、決めればよいと思います。その判断材料となる貴重な経験や知識習得のチャンスが、本校における生活の中に沢山あります。今、将来が上手く描けなくとも、向上心がある方は、他では経験できない貴重な4年間を是非、本校で過ごしてみてください。