卒業生の声

ここから本文

卒業生の近況一覧

第六管区

写 真 卒業生の声
搭載艇操船訓練の様子

搭載艇操船訓練の様子


(1)現場に出て頑張っていること
 本船は警備業務に力を入れている巡視船であることから、日々の業務に加え数多く行われる訓練に携わり忙しい日々を送っているところです。まだまだ現場に出てから日が浅く、経験もないため、自身が体験したことのない業務等を任されると不安になりますが、そこは積極的な姿勢を持ち旺盛に取組むことを心がけています。

(2)在学中にやっておけば良かったと思うこと
 これといって断言できるものは思いつきませんが、やはり在学中にしか出来ないことは数多くあると思います。比較的時間のある今を大切にし、大学校でしか経験できないものに時間を割けばよかったのかなと今更ながらに思います。
 そして、あの時もっと勉強しておけば良かったと思うことは多々あります。

(3)在校生に言いたいこと
 私もそうでしたが、在学中は現場がどういうところなのかあまりイメージがつきにくく、何をしているのか分かりづらい面があると思います。ただし各管区、各船艇で仕事の形態が異なる当庁では仕方のないことだと思いますし、それを在学中に模索しても現場の姿は見えないと思います。なので、自分の目の前にある課題をしっかりと見据えて、解いていくことが重要だと思います。