学校案内

ここから本文

教育体系

海上保安大学校では、海上保安庁の幹部職員として海上保安業務を遂行するために必要な学術や技能を教授し、あわせて心身の錬成をはかります。キャンパスは三方を穏やかな瀬戸内海に囲まれた自然豊かな環境下にあります。

本科(4年間)のうち、1学年と2学年で「基礎教育科目」を学び、幅広い教養を身につけます。また、4年間を通じて「専門基礎科目(共通)」、「訓練科目及び実習科目」を学び、専門教育を行う上で必要な基礎能力を身につけます。2学年後期からは、航海・機関・情報通信の各専攻に分かれ、「専門基礎科目(群別)」において海事系の専門科目を習得します。

さらに、2学年からは「専門教育科目」を学び、行政法・国際法などの法律関係及び海上保安行政関係の専門知識を習得します。3学年からはこれらのうちから第一選択分野(海上取締法、国際紛争論など)又は第二選択分野(国際海上安全政策、海難救助工学など)を選択し、専門知識を更に掘り下げ学ぶことができるようになっています。

本科を卒業すると、専攻科(6ヶ月間)にすすみ、実務教育が実施されます。練習船「こじま」での世界一周遠洋航海実習では船舶運航技術等を学びながら国際感覚を培います。


教育体系図  「カリキュラム」「授業科目一覧

取得資格