学校案内

ここから本文

海事工学講座

神吉 隆司 (かんき たかし)

a

海事工学講座 教授
博士(工学)

代表的な担当授業:電気回路Ⅰ・Ⅱ、電気工学実験

専門分野

プラズマ理工学、数値解析学

研究テーマ

先進核融合プラズマの閉じ込め物理に関する研究
太陽の中心部で起こっている核融合を地上での実現を目指す研究開発は、超高温プラズマの不安定性との闘いです。核融合とは、水素原子核同士が合体し、ヘリウム原子核に変わる反応で、この時大きなエネルギーが発生します。同反応を起こすには、燃料を高温プラズマ状態にし、磁気の容器で閉じ込める必要があります。現在、最もうまくプラズマを閉じ込めることができるのはトカマク装置です。しかし、トカマク装置は大型で複雑な構造をとるなど、問題点があります。この問題点を改良する目的で、高性能トカマク類似の磁場配位を持ちながらコンパクトである球状トーラス型プラズマの閉じ込め研究を実施しています。

研究のキーワード

球状トーラス、電磁流体力学、流れと磁場の相互作用、自己組織化、超高ベータ緩和配位

所属学会

プラズマ・核融合学会(JSPF)、日本物理学会(JPS)