学校案内

大学ニュース(平成29年度)

海上保安政策課程の近況

○沖縄スタディーツアー(8月21日)
 海上保安政策課程の学生は、日本での在学中に専門的な知識を学んだり、忘れられない体験をしてきました。
 2016年10月から2017年7月まで、東京の政策研究大学院大学と呉の海上保安大学校での専門的知識の講義を履修した後、2017年8月7日から8月10日まで、沖縄にスタディーツアーへ行く機会が与えられました。
 学生たちは、8月7,8,9日と、それぞれ第十一管区海上保安本部、那覇航空基地、石垣海上保安部を訪問し、各部の幹部を表敬することができました。
 各訪問先では、海上保安庁の航空機(MA721)や、巡視船ざんぱ(PL84)、御神埼灯台を見学することができました。
 また、幸運にも航空機のフライトに同乗することができたことに加え、巡視船の見学では船の専門的知識を得ることができました。
 学生は、航空機への体験搭乗や、巡視船見学、御神埼灯台を見学しました。
 この御神埼灯台は沖縄県でも有数の観光地で、石垣島に入港したり、同島周辺を通航したりするすべての船舶の目印となる灯台であり、この灯台への訪問からも学ぶことができました。
 今回のスタディーツアーは、学生たちにとって大変貴重な機会であり、この素晴らしい経験を通して、アジアの様々な国から集まった我々の絆は、より強いものとなりました。
 我々がそれぞれの組織に戻っても、「海上の安全と治安の維持」という共通の目標に向かって、将来にわたり良好な仕事上の関係を保ち、それぞれの職務に励まなければならないと気持ちを新たにしました。
 (ジェイボン ジャパイ カリカ)