学校案内

大学校ニュース(平成29年度)

海上保安政策課程の近況

〇ポリシーペーパー最終発表会
 7月7日、ポリシーペーパーの最終発表会が行われました。ポリシーペーパーとは修士論文に相当するもので、この課程の開始直後から、各自が設定した課題に対し担当教授の指導の下、約10ヶ月間に渡って研究に取り組んできました。ポリシーペーパーを執筆するためには、研究分野の全体像を把握し整理して、問題点を提起し、客観的なデータから論理的に記述することが求められます。これらの研究への取組み方は、今後様々な課題へ取り組んでいく際に、リーダーとして求められるものと同じであり、このポリシーペーパーを通して多くのことを学びました。
 最終発表会終了後は、海上保安大学校主催による七夕パーティーが行われました。私が留学生に対して説明するのに苦慮していた日本の七夕の由来について学生から、分かりやすく、面白い形で説明していただきました。留学生も最終発表会の緊張から解放され、海上保安大学校の教職員や学生の皆さんとの交流を楽しむことができ、この日は私達にとって、とても思い出に残る一日となりました。
 このプログラムも残り2ヶ月余りとなりましたが、私達6人の友情をさらに深め、未来に繋がる強い絆を作っていきたいと思います。
 (半沢 優)