学校案内

大学ニュース(平成29年度)

オリエンテーション登山を終えてのコメント

 4月14日(金)、晴天に恵まれた中で本科学生、研修生の気力体力の錬成及び教職員の方々との相互交流を目的としたオリエンテーション登山を実施しました。これは新入生のオリエンテーションの最終日に例年実施するもので、今回は呉市若葉町の当校から同市阿賀町の大空山公園までの往復約21キロメートルを歩行するものとなりました。

 以下は、参加した本科学生のコメントです。


 私は今回の登山の企画運営を行う学生登山委員長として、昨年度から他の登山委員とともに今回の登山に向けて活動を行ってきました。事前に何度も登山委員と打ち合わせをしていたものの、総員が約290名であったことから、8班体制で隊列を組み移動するのは容易ではありませんでした。途中、市内の大通りを通る際には横断歩道を渡るのに時間が掛かってしまい、また、信号待ちに時間を多く使ってしまうことがありました。当登山の下見にあっては、数名で行っていたため、これらの点にはそれほど気になりませんでした。しかし、実際に集団で行うと、思いもよらなかった点に気づかされることになりました。安全に配慮した上で、時間通りに集団を動かすことがいかに難しいかということを身をもって感じました。
 今年は昨年よりも交流に主眼を置いたことから、学生や教職員の方々との間で積極的に話をする姿が見られました。さらに、下山中には疲れきった表情をした学生も中にはいましたが、当校に到着した際には達成感で満ち溢れているようでした。私たち4学年にとっては、残りの学生生活もわずかとなりましたが、このような交流の機会を大切にしていきたいです。

本科第4学年 松岡未紘  


 4月に入り、天気が優れない日々が続いていましたが、当日は素晴らしい天気に恵まれ、絶好の登山日和となりました。
 私は今年で4回目のオリエンテーション登山となりますが、今回の大空山の頂上では桜の花びらが舞う中、皆で昼食をとり、風情ある景色を楽しみながら、交流を深めることができました。往復約20キロメートルの行程は少しつらくもありましたが、この行事を通して、新入生には上級生と接するきっかけを見つけたり、何かをやり遂げる達成感を得たりして、今後の寮生活に活かしてもらいたいと思います。

本科第3学年 谷口愛徒  


 オリエンテーションの最後を締めくくるオリエンテーション登山は、最高の天気のもとスタートしました。新入生にとっては初めてのオリエンテーション登山であり、最初は緊張した面持ちであった者も、登山が進むにつれて上級生と楽しそうに話すようになっていきました。私自身も普段は話すことのない新入生と会話をして、新入生のことを知る良い機会となりました。また、昼食の時間には新入生の様々な自己紹介が行われ、笑いにより盛り上がる場面もありました。今回のオリエンテーション登山で、下級生や上級生、教官の方々と交流を深めることができました。ここで得た経験を今後の人生に生かしていきたいと思います。オリエンテーションの最後を締めくくるオリエンテーション登山は、最高の天気のもとスタートしました。新入生にとっては初めてのオリエンテーション登山であり、最初は緊張した面持ちであった者も、登山が進むにつれて上級生と楽しそうに話すようになっていきました。私自身も普段は話すことのない新入生と会話をして、新入生のことを知る良い機会となりました。また、昼食の時間には新入生の様々な自己紹介が行われ、笑いにより盛り上がる場面もありました。今回のオリエンテーション登山で、下級生や上級生、教官の方々と交流を深めることができました。ここで得た経験を今後の人生に生かしていきたいと思います。

本科第2学年 細川 魁  


 私たちは4月1日に海上保安大学校に着校し、約2週間のオリエンテーション期間で、海上保安大学校学生として生活する上で必要な基本動作などを学びました。私たちにとってオリエンテーションは長く厳しいものでしたが、最後の締めとして、オリエンテーション登山に参加しました。今年度は、呉市阿賀町の大空山に1学年から4学年の本科学生と研修生、教職員の方々で登山をしました。初めての登山でどのように上級生と話をすればよいのか、登頂できるかどうかなどの不安な点は多くありました。しかし、実際に登山をしてみると徐々に緊張も和らぎ、気持ちの良い汗を流すことができ、上級生との交流も図れました。私たち1学年にとってリフレッシュできたとともに非常に貴重な経験となりました。

本科第1学年 北 海斗  




大学校出発時の様子 大空山到着時の様子1

大空山到着時の様子2 大空山山頂の様子1

大空山山頂の様子2 大学校到着後の様子