学校案内

大学ニュース(平成28年度)

専攻科修了生と海上自衛隊幹部候補生とが交流


 10月5日(水)に海上自衛隊幹部候補生学校(広島県江田島市)において、第62期専攻科修了生と幹部候補生との交流行事を行いました。
 修了生等は、グループに分かれリーダーシップに関する討論を行い、理想とするリーダー像等について意見交換を実施しました。現場赴任を12月に控える修了生にとって、海上自衛隊との交流は、良好な関係構築の第一歩であり、有意義なものとなりました。


 以下は修了生代表の関川研修生からのコメントです。
「意見交換会では、自分たちが考えるリーダーシップ等について意見交換を行ったほか、学生生活や乗船実習等についても話をしました。日本の海を守るという同じ使命を担っていても、教育内容には異なる点が多くあり、とても刺激的でした。また、幹部候補生に私の弟、海上自衛隊の職員として私の父が勤務しており、家族3人で意見交換する機会もありました。今回の交流行事を通して、今後の業務を行っていく上で関係機関との連携・協力体制の構築が不可欠であること、現場に出た際も当庁だけでなく他機関の考え方についても理解する必要があることを実感しました。」

全体発表の様子


専攻科修了生集合写真


海上自衛隊で勤務する家族と撮影(左から実弟、実父、関川研修生)