学校案内

大学ニュース(平成28年度)

平成28年度耐寒訓練

 昭和27年以来恒例の耐寒訓練が始まりました。初日である1月10日は気温が6℃と例年よりやや暖かい気候でしたが、学生142名、研修生55名は日出前の午前6時に寮前広場において訓練整列を実施して訓練部長の訓示を受けた後、カッター、柔道、剣道、逮捕術及び長距離走の各種目に分かれて訓練を開始しました。
 同訓練は21日まで実施し、強靭な気力、体力の練成及び長期間における訓練を完遂するための自己管理能力を養成することを目的として、実施していきます。

 以下は、参加した本科学生のコメントです。


 2学年となり、2度目の耐寒訓練を迎えました。まだ陽は昇らず辺りは暗く、寒さが厳しい中での剣道の稽古や端艇はとても厳しいものではありますが、心身ともに成長できる絶好の機会であると思います。今年は剣道部員として、周囲にも気を配れるように意識し、昨年以上に気を引き締めてこの耐寒訓練に臨み、全員で怪我なく訓練を終えることができるように取り組んでいきます。

本科2学年Ⅰ群 中上 紫帆  


 私にとって初めてとなる耐寒訓練を迎えました。広島の冬は思った以上に寒く、足の裏から冷たさがひしひしと感じます。しかし、普段の授業では味わえない上級生との稽古に、より一層熱が入ることや、訓練が終わった後の朝食がいつもの何倍も美味しく感じることなど、厳しい訓練の中にも楽しさを見出すことができました。こういった楽しさも感じながら、残りの訓練に励んでいきます。

本科1学年 西野 和季  




端艇訓練の様子 逮捕術訓練の様子

剣道稽古の様子 柔道稽古の様子

長距離走訓練の様子