学校案内

大学ニュース(平成27年度)

第7回英語プレゼン・パフォーマンス大会への参加


 平成27年12月13日(日)、大学英語教育学会主催の第7回「Oral Presentation and Performance Event(英語プレゼン・パフォーマンス大会)」が安田女子大学で開催されました。今回は広島県内の大学7校が参加し、各校が大ホールの聴衆の前で工夫をこらした英語の発表をしました。
 本校からは二五義博教授の指導のもと、本科2学年の綱脇一総、宍戸亮、安井究、佐藤祐貴、本科1学年の渡邉幹、関口翼、村田俊、森康貴、島田貴之の9名が“Look For JAPAN COAST GUARD!!”(海上保安官を探せ!!)と題して、大学校での訓練や海上保安業務、番外編(海保大学生の結婚観など)について英語で25分の発表を行いました。
 発表当日は、連日連夜、各自が必死に取り組み、チームとしても一丸となって練習してきた成果が十分に出せました。制服を着用しての朝の行進や総合指揮では、本校らしい一糸乱れぬ動きと大きな声で、会場全体を盛り上げました。遠泳訓練では、英語の歌を歌いながら泳ぐパフォーマンスがとてもユニークで、会場が笑いの渦に包まれました。一方、海での負傷者の救助とCPR、不審船に乗り込み逮捕術で制圧する場面などでは、英語セリフ付きの臨場感あふれる実演を行い、聴衆はその迫真の演技に圧倒されてか、大きなどよめきが起きました。発表後には、他大学の先生方や学生さんから、本校のプレゼンやパフォーマンスは分かりやすく、面白く、内容的にも大変興味深かったとの声を多くいただき大好評でした。
 全校の発表が終了した後には、大学間交流のパーティーが1時間ほど開かれました。そこでは、各学生が大学校や海上保安官の仕事に関する質問に対し1つ1つ丁寧に受け答えをし、本校の広報活動という点においても本イベントへの参加は大変有意義なものとなりました。

参加学生9名と二五教官(中央)


発表の様子