学校案内

大学ニュース(平成27年度)

学生が広島神輿行列(被爆70周年記念事業)に参加


 10月10日(土)、本科学生8名は、地域住民との交流を深めるとともに地域に貢献するため、広島東照宮において開催された広島神輿行列「通り御祭礼」(被爆70周年記念事業)に参加しました。
 広島神輿行列「通り御祭礼」とは、江戸時代、広島城下町において重量200貫(約1トン)、担ぎ手50名の大神輿を中心に徳川家康の没(1616年)後50年毎に行われていた祭りです。文化12年(1815年)の4回目以降は、明治維新・第一次世界大戦・原爆等の理由から祭りは行われませんでしたが、徳川家康没後400年の今年は、200年振りとなる「通り御祭礼」が復興しました。また、今回は、被爆70周年記念事業としても取り上げられました。
 行列には、子供歌舞伎が演じられる山車、高さ4メートルを越える花車、麒麟獅子舞、槍隊、鉄砲隊、弓隊、神馬などが広島市の街中を練り歩き(約550名)、学生もこれの一役を担いました。


広島御輿行列「通り御祭礼」の様子


参加した学生の様子①


参加した学生の様子②