学校案内

大学ニュース(平成25年度)

研修科危険・有害物質事故対応課程開講式

   

 10月16日、海上保安大学校第一会議室において、平成25年度研修科危険・有害物質事故対応課程開講式が行われました。
開講式では、明石 康祐研修生が研修生長に指名され、越智 均副校長が「本研修において、危険・有害物質事故に対応するための資機材の取扱い、そして、知識、技能を身に付け有意義な研修にしてほしい。」と訓示をしました。
 本研修は、防災業務に従事する職員に対し、危険・有害物質が排出された場合等に安全かつ的確に対応するために必要な知識・技術を習得させ、危険・有害物質に係る事故対応体制の充実強化に資することを目的に行われるもので、全国から10名が参加し、11月13日までの間、関係条約・法令や基礎化学、有害危険物質事故対応などの受講や実験、実技演習、研修生による研究発表を行うほか、部外の専門家による特別講演も行われます。