学校案内

ここから本文

教育方針

海上保安庁幹部職員としての人格とリーダーシップを育てる

海上保安大学校は、「海上保安庁の幹部職員に必要な学術及び技能を教授し、心身の錬成を図るとともに、これらについて研究する」ことを目的としています。

  他の大学と多くの共通点を持ちながらも、広範囲にわたる海上保安業務の職責を全うする資質を培い、かつ、将来に向かって絶えず向上伸展できる資質を養成するために、

  • 人格の陶冶とリーダーシップの涵養
  • 高い教養と見識の修得
  • 強靱な気力・体力の育成

を教育方針として、教育訓練を実施しています。