学校案内

ここから本文

学校案内

幹部職員を養成する海上保安大学校

 将来の海上保安庁の幹部となる職員として必要な高度な知識と技能を教授します。 教育内容は、一般大学と多くの共通点を持ちながらも、広範にわたる海上保安業務の職責を全うするための資質を培いながら、 将来に向かって自分の可能性を伸ばそうとするフロンティア精神を養成するもので、優れた人格とリーダーシップの育成、高い教養と見識の修得、 強靱な体力・気力の錬成の3つを教育方針に掲げています。

授業風景

 教育期間は本科4年、専攻科6カ月の合計4年6カ月間です。 学生は本科4年間を通じて海上保安行政を遂行するために必要な知識・技能を修得します。 授業は、行政法、国際法、刑法などの法律関係や海上保安行政関係の学問を中心に行われ、 また2学年後期からは、第一群(航海)、第二群(機関)又は第三群(情報通信)のいずれかを選択し、海事系の知識を修得します。

 3学年からは警察学又は安全学の分野を選択し、海上犯罪論や海難救助工学などの授業により海上保安行政を遂行するにあたって必要とされる専門知識を更に掘り下げ、 知識を深めます。 本科を卒業すると引き続き専攻科に進みます。また、卒業生には学士の学位が授与され、大学院への入学資格が認められます。

実習風景

 専攻科に入ると、世界一周の航海実習のほか犯罪捜査・鑑識、海難救助など海上保安業務に直結した実務を学びます。
 専攻科修了後、実用英語能力、国際関係知識等の国際業務対応能力の習得を図るとともに、 現地赴任に当たり必要な実務能力を取得させることを目的とした研修科国際業務課程へ進みます。
 国際業務課程修了後、初級幹部として巡視船で勤務し、海難救助、海上犯罪の取締り等の業務に従事します。 その後は、陸上勤務、海上勤務の双方を経験し、幹部への道を進んでいきます。

 また、海上保安大学校には国際海洋政策研究センターが設置されており、国際海洋政策に関してこれまでに行ってきた独自の研究に加え、 国内外の研究機関との共同研究を推進し、その研究成果を各種国際会議に発信するなど、我が国の海洋政策に関する研究をリードしていくことを目指しています。